DS-Liteで遅い光を速くする

投稿日:2017年11月27日 更新日:

ds-lite-speed-up-640x360

本来高速な回線でありながら、選択するプロバイダーによって速度低下が避けられないフレッツ光。
今回の記事では実際にZOOT NATIVEと契約し、フレッツ光の速度を大きく向上させてみます。

v6プラスで速度を向上させた結果

 

フレッツ光とは?

フレッツ 光ネクストサービスの特長

フレッツ光とは、NTT東日本および西日本が提供しているブロードバンドサービスです。
通信に光ファイバーを利用しているため、動画コンテンツもストレスなくスムーズに再生できます。

フレッツ光が国内No.1のシェアを誇る理由は、高速な回線性能と提供エリアの広さ。
サービス自体も安定しており、高速かつ定額のインターネットを楽しむならフレッツ光です。

さらに後述のプロバイダーを自由に組み合わせることができる点も、大きなメリット。
一部の光サービスではプロバイダーを選択できず、速度に満足できなくとも対策が打てません。

プロバイダーとは?

そもそもプロバイダーとは何か?

インターネットを利用するうえで不可欠な、インターネット事業者です。
回線契約と組み合わせて契約する必要があり、個人とインターネットを繋ぐ重要な要素です。

プロバイダーによりサービス内容や料金に違いがあり、その事業者数は全国で数百社とも。
事業者により設備が違うため、混雑する時間帯では速度に大きく差がつくことがあります。

ちなみに前述のフレッツ光やauひかりなどでは、このプロバイダーを選択できる一方、
コラボ光・電力会社が提供している光・ケーブルテレビでは、選択できない場合が多いです。

そのためプロバイダーという名称に馴染みがなかったり、契約した覚えがない人も存在します。

光の速度が安定しない理由

「光が遅い」と言われる原因は、主に回線の問題ではなくプロバイダーにあります。
大多数のプロバイダーは網終端装置という設備を経由して、インターネットに接続しています。

しかし利用者が増える時間帯になると、この網終端装置にアクセスが集中します。
その結果速度が大きく落ち込み、快適にインターネットを楽しむことができなくなるのです。

速度低下を回避する方法のひとつは、回線設備に余裕のあるプロバイダーを選択すること。
すると例え速度が低下しても、その影響が軽微で済むことが多いのです。

最近ではより速度が低下しにくい、DS-Liteという接続方式も現れています。

DS-Liteとは?

網終端装置を経由せずインターネットに接続できる、IPv6を利用した新しい接続方式です。

従来の接続方式を高速道路×有人料金所だとするなら、DS-Liteは高速道路×ETCのようなもの。
さらに特別な契約を行った人しか通れない専用道路を利用できるため、全日で速度が安定しています。

このDS-Liteであれば速度が大きく落ち込む夜間帯でも、まずストレスを感じることはないでしょう。

zoot-native

DS-Liteに必要なもの

DS-Liteの利用に必要な要素は、大きく分けて3つあります。

  • フレッツ光回線が開通していること
  • フレッツ・V6オプションを契約していること
  • DS-Lite対応ルーターを用意していること

フレッツ・v6オプションについて DS-Lite対応ルーターについて

これらの要素を満たしていれば、あとはDS-Liteを提供しているプロバイダーと契約するだけです。
中でも私のお勧めは、最大2ヶ月の無料体験が行えるインターリンクのZOOT NATIVEです。

native0

ZOOT NATIVEであれば無料体験への導入費用だけでなく、無料体験中の解約費用もかかりません。
2年間の違約金が常となっている一部プロバイダーに比べると、DS-Liteの試用には最適です。

しかもDS-Liteの設定は、IDやパスワードの入力が必要ないくらい簡単なもの。
ZOOT NATIVEの加入申請から約30分程度で、すぐに利用することができるほどの手軽さです。

ちなみにフレッツ・V6オプションに関しては、ZOOT NATIVEと同時に申し込みが可能です。

DS-Liteの効果

ZOOT NATIVEへの加入から約1週間、従来の接続方式との比較画像を回収してきました。

左がOCN(IPv4 PPPoE)での接続速度で、右がZOOT NATIVE(DS-Lite)での接続速度です。
どちらの速度も同じPCかつ同じLANポートで計測しており、測定時間の差も少なくしています。

bgt?aid=170902010449&wid=006&eno=01&mid=s00000001004013006000&mc=10

速度比較表

速度の差は、最大で229.00Mbps。
速度の比は、最大で35331%となりました。

計測日 計測時間 IPv4 PPPoE DS-Lite 速度差 速度比
11月24日 23時 0.65Mbps 229.65Mbps 229.00Mbps 35331%
11月25日 02時 98.23Mbps 214.28Mbps 116.05Mbps 218%
11月25日 20時 83.76Mbps 172.97Mbps 89.21Mbps 207%
11月26日 19時 155.31Mbps 230.49Mbps 75.18Mbps 148%
11月27日 11時 104.46Mbps 178.53Mbps 74.07Mbps 171%
11月27日 12時 99.18Mbps 229.65Mbps 130.47Mbps 232%
11月27日 19時 90.48Mbps 189.22Mbps 98.74Mbps 209%
11月28日 21時 0.80Mbps 198.40Mbps 197.60Mbps 24800%
11月29日 22時 4.97Mbps 84.42Mbps 79.45Mbps 1699%
11月30日 21時 0.35Mbps 109.29Mbps 108.94Mbps 31279%
12月1日 21時 3.73Mbps 88.89Mbps 85.16Mbps 2383%
12月2日 22時 25.19Mbps 78.29Mbps 53.10Mbps 311%
12月3日 23時 14.91Mbps 83.01Mbps 68.10Mbps 557%
12月4日 22時 0.89Mbps 87.46Mbps 86.57Mbps 9830%
12月5日 21時 3.76Mbps 84.79Mbps 81.03Mbps 2255%

速度測定結果

1回目~3回目

ds-lite-speed-up-1-640x555

4回目~6回目

ds-lite-speed-up-2-640x555

7回目~9回目

ds-lite-speed-up-3-640x555

10回目~12回目

ds-lite-speed-up-4-640x555

13回目~15回目

ds-lite-speed-up-5-640x555

 

よく読まれている記事

-日記

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.