【K2R2TE】Fire TV Stick 4K Maxと旧モデルの違い【実物比較】

2021年10月11日

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku

2021年10月7日に発売された、人気ストリーミングメディアプレーヤーの最新版となるFire TV Stick 4K Max。
今回の記事ではこの新しい「Fire TV Stick 4K Max」と、Fire TV Stickとの違いを比較レビューしてみます。


Fire TV Stick 4K Maxの特長

テレビを便利なスマートテレビに変える「Fire TV Stick 4K Max」の特長をまとめてみました。

Fire TV Stick 4K Maxの特長

  • 従来のFire TV Stick 4Kと比べて40%パワフルになり、快適性が向上している
  • 4Kビデオコンテンツを滑らかに再生可能な、Wi-Fi 6を利用して接続できる
  • Dolby Vision、HDR10、HDR10+に加え、Dolby Atmosにも対応している
  • Prime Video、Netflix、Disney+など、多数の魅力的なコンテンツが視聴できる
  • 音声でコンテンツを検索・再生操作可能な、第3世代リモコンが付属している

Fire TV Stickシリーズの性能比較

現在購入可能な「Fire TV Stickシリーズ」の違いをまとめました。
もし4K表示や性能向上に魅力を感じなければ、最も安価なFire TV Stickでも十分楽しめます。(実体験より)

簡易性能比較Fire TV Stick 4K MaxFire TV Stick 4KFire TV Stick
通常価格6,980円6,980円4,980円
画質4K Ultra HDフルHD
CPUクアッドコア 1.8GHzクアッドコア 1.7GHz
メモリ2GB1.5GB1GB
ストレージ8GB
Wi-Fi 6対応-
リモコン第3世代第2世代第3世代

Fire TV Stick 4K Maxの商品内容

Fire TV Stick 4K Maxのパッケージです。
過去は縦長のパッケージでしたが、第2世代のFire TV Stickからは正方形になっています。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-01

底面にはUPC「840080526935」と、DSN(シリアルナンバー)が印刷されています。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-02

裏面にはFire TV Stick 4K Maxのポイントが、4つ挙げられています。

Fire TV Stick 4K Maxのポイント

  • ひとつ上を行くホームエンターテイメント ⇒ クアッドコアプロセッサー搭載で快適
  • 新世代Wi-Fi6 でさらに滑らかなストリーミング ⇒ 4Kビデオコンテンツの再生に最適
  • お気に入りのコンテンツが勢ぞろい ⇒ 有料から無料まで、様々な映像サービスに対応
  • Fire TVでもAlexaを ⇒ 便利な音声操作を使って、観たいコンテンツを素早く探そう

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-03

Fire TV Stick 4K Maxは、裏面上部にあるシールを右側に引っ張ると開封できます。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-04

中箱には、Amazonのトレードマークが印刷されています。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-05

商品内容はUSBアダプタ、USBケーブル、単4乾電池×2、第3世代リモコン、取扱説明書、Fire TV Stick 4K Max本体、HDMI延長ケーブルの「合計7点」です。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-06

Fire TV Stick 4K Maxの本体です。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-07

下部にはmicroUSB端子を備え、ここから電源の供給を行います。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-08

テレビやディスプレイと接続するためのHDMI端子です。
商品ページで見かけることはありませんが、HDMI搭載ディスプレイへの利用も十分実用的です。

例えばマルチディスプレイ環境なら、テレビがなくともサブディスプレイでPrime Videoが見られます。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-09

逆側にはHDMIという表記があるだけです。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-10

背面には技適マークや、モデルナンバーである「K2R2TE」が確認できます。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-11

これまでのFire TV Stickにも付属していた「HDMI延長ケーブル」です。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-12

このHDMI延長ケーブルは、Fire TV StickのHDMI端子に接続して利用します。
付属している理由はFire TV Stickの幅が広いことから、接続できないテレビが存在するためです。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-13

1つ前のFire TV Stickから仕様が変更された、アプリボタン搭載の第3世代Alexa対応音声認識リモコンです。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-14

電池を入れる際には、裏蓋を下方向に引っ張ります。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-15

付属している単4乾電池×2本は、ここに装着して使います。
Fire TV Stickの操作はリモコンで行うため、操作不能を避けるためにも予備の電池を用意しておきましょう。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-16

付属している「microUSBケーブル」です。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-17

これまでの周辺機器を活用するためか、USB Type-Cの採用は見送られたようです。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-18

先程の「microUSBケーブル」を接続するためのUSBアダプタです。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-19

USBアダプタの入力は「100-240V 50-60Hz 0.15A」で、出力は「5.0V 1.0A」です。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-20

Fire TV Stick 4K Maxを使用する際の接続イメージです。
写真を撮影するためにケーブルを束ねていますが、実際に使用する際には束ねないでください。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-21

Fire TV Stick 4K Maxの重量は、実測で「約48g」でした。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-22

Fire TV Stickとの外観比較

Fire TV Stick 4K Maxと「4K非対応のFire TV Stick(S3L46N)」との外観比較です。
下側がFire TV Stick 4K Maxであり、本体表面の「firetv」というロゴの有無で区別できます。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-23

また本体サイズも僅かに長いです。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-24

HDMI延長ケーブルを接続したところです。
僅かな仕様変更ではありますが、HDMI延長ケーブルの接続部分の幅も狭くなっています。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-25

付属している「第3世代Alexa対応音声認識リモコン」の外観上の違いは見受けられませんでした。

fire-tv-stick-4k-max-review-hikaku-26

Fire TV Stick 4K Maxの初期設定方法

ちなみに「Fire TV Stick 4K Maxの初期設定方法」は、別記事で詳しく解説しています。

fire-tv-stick-4k-max-setup-guide-150x150
【完全図解】Fire TV Stick 4K Maxの初期設定方法【録画可否】

ボタンが増加し使い勝手が良くなった、第3世代Alexa対応音声認識リモコンが付属するFire TV Stick 4K Max。
今回の記事ではこの「Fire TV Stick 4K Max」の初期設定方法やアカウント連携と、録画の可否を解説します。

続きを見る

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazon.co.jpのタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-Amazon