【iPhone】USBメモリを使う方法【バックアップ】

iPhoneでUSBメモリを使う方法

microUSBやUSB Type-Cを搭載しているAndroidとは違い、独自規格のLightningを採用しているiPhone。
今回の記事ではこの「iPhone」でUSB Type-AのUSBメモリを使い、バックアップする方法を解説します。

一般的な方法

iPhoneの内部に保存されたデータをバックアップする一般的な方法は、専用のUSBメモリを使うことです。
中でもSanDiskの「iXpandシリーズ」は広く知られており、手間が少ない選択肢として悪くありません。

――以前は容量あたりの単価が高く、一部の携帯ショップでは目を疑う価格で販売されていたことも……
現在は常識的な価格に落ち着いており、場合によってはこの記事の方法さえ不要になる可能性があります。

検証したiPhone

検証に使用したiPhoneは、私が現在メインで利用している「iPhone 12 64GB」です。
現行のiPhone 14に比べると型落ちですが、私はスマホをマイナスで購入する主義なので致し方ありません。

――補足として、iOSのバージョンは「16.0(20A362)」でした。

検証したiPhone

検証したアダプタ

検証に使用するLightningとUSB Type-Aの変換には、レビュー数の多いOOOUSEの互換品を選択しました。

【iPhone】USB変換アダプタのレビュー【OOOUSE】

iPhoneやiPadのLightningに接続することで、USBメモリやキーボードが使えるようになるUSB変換アダプタ。
今回の記事ではこの「USB変換アダプタ」をiPhoneに接続し、それらが認識するかどうかレビューします。

続きを見る

検証したUSBメモリ

検証に使用したUSBメモリは、価格.comの人気ランキングで不動の1位を誇る「SDCZ600-032G-G35」です。
安価ながらも安心できるSanDisk製で、必要十分な転送速度と便利なスライド式コネクタを備えています。

【レビュー】SDCZ600-032G-G35のベンチマーク結果【SanDisk】

価格.comの人気売れ筋ランキングで1位に君臨し続ける、SanDiskのUSBメモリであるSDCZ600-032G-G35。
今回の記事ではこの「SDCZ600-032G-G35」を実際に購入し、外観や性能をベンチマークで検証してみます。

続きを見る

USBメモリを使う方法

iPhoneでUSBメモリを使うには、まずUSBメモリを変換アダプタに接続します。
その後iPhoneに先端のLightningを接続すれば、とくに反応もなく認識されます。

iPhoneでUSBメモリを使う方法-10

あとは写真をバックアップする場合、写真を個別または複数選択して「メニュー」から「コピー」を選択します。

USBメモリを使う方法-2

写真をコピーしたら、iPhoneの標準アプリである「ファイル」を起動します。

ファイル

ファイル

Apple無料posted withアプリーチ

ファイルを起動したら、図示した「NO NAME」をタップして右上の「メニュー」に進みます。

iPhoneでUSBメモリを使う方法-3

メニューを開いたら「新規フォルダ」を作成し、任意で名前を設定します。
このとき「名称未設定フォルダ」が2つできることがありますが、無視して問題ありません。

iPhoneでUSBメモリを使う方法-4

作成した新規フォルダの中に移動したら画面を長押しして「ペースト」をタップします。

iPhoneでUSBメモリを使う方法-5

すると先程コピーした写真のデータがコピーされます。
このデータは長押しするとメニューが表示される設計です。

iPhoneでUSBメモリを使う方法-6

NIKKE コミック.jp

スマホ料金最適化 ⇒ 月額290円でドコモ回線月額0円でau回線



-Apple, スマホ