【IYM-013】ヨーグルトメーカーの使い方【レビュー】

投稿日:2021年3月26日 更新日:

iym-013-review

牛乳パックに市販のヨーグルトを混ぜるだけで、簡単かつ手軽に自家製ヨーグルトが楽しめるIYM-013。
今回の記事ではこの「IYM-013」の自動メニューを使って、飲むヨーグルトを作る方法について解説します。


 

IYM-013とは?

アイリスオーヤマから発売されている、飲むヨーグルトモードを搭載した「ヨーグルトメーカー」です。
好みのヨーグルトを入れた牛乳パックを入れてボタンを押せば、8時間後には飲むヨーグルトが完成します。

ヨーグルトメーカーの違い

前提として、アイリスオーヤマの「ヨーグルトメーカーの違い」は、別記事で詳しく解説しています。

iym-014-kym-014-iym-013-kym-013-tigai-150x150
【IYM-014とKYM-014】ヨーグルトメーカーの違い【IYM-013とKYM-013】

ヨーグルトメーカーというカテゴリーにおいて、他社を寄せ付けない売れ行きのアイリスオーヤマ。
今回の記事では人気商品の「IYM-014とKYM-014」に加えて「IYM-013とKYM-013」の違いを解説します。

続きを見る

IYM-013の特長

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー「IYM-013」が持つ、主な特長です。

IYM-013の特長

  • 牛乳パックのまま作れるため、容器を用意する必要がない
  • 人気のレシピは自動メニューを利用して、ボタンひとつで作れる
  • 1℃刻みの細かい温度設定(25~65℃)と、タイマーを搭載している
  • オールカラーのレシピブックが付属しているため、料理の幅が広がる
  • 濃厚なギリシャヨーグルトが作れる、水切りカップが付属している

自動メニュー

ヨーグルトメーカーの「IYM-013」に搭載されている自動メニューと、調理の目安です。

自動メニュー温度設定時間設定
プレーン42℃9時間
カスピ海27℃9時間
甘酒60℃9時間
塩麹60℃8時間
飲むヨーグルト
(500ml、1000ml)
30℃8時間

IYM-013の商品内容

IYM-013のパッケージの表面です。
メインの使い方である「ヨーグルトメーカーであること」が容易に判断できます。

iym-013-review-01

しかしパッケージを裏面では「ヨーグルトメーカー以外の使い方」も紹介されています。

例としては塩麹、クリームチーズ、フルーツビネガーが提示されており、ネット上には人気の「サラダチキン」が作れるという報告もありました。

iym-013-review-02

パッケージ側面に掲載されている、このヨーグルトメーカーで作れる発酵商品の例です。
ヨーグルトだけでも「カスピ海ヨーグルト」「ギリシャヨーグルト」「飲むヨーグルト」が作れます。

iym-013-review-03

また高い使用頻度が見込まれる利用用途には、便利な「自動メニュー」が搭載されています。
これは面倒な温度や時間設定を行わずとも、メニューを選択するだけで作れる便利機能です。

iym-013-review-04

最も基本的な飲むヨーグルトの作り方と、同梱されている付属品の一覧です。

この「IYM-013」には900ml容器が2つ付属しているため、異なるレシピを別々に作れます。
他のモデルには容器が1つしか付属していないため、飲みきらないと次のレシピが作れません。

iym-013-review-05

しかもこの容器はオプションでも追加できますが、少しコストが高い印象です。
つまり容器が2個付属している「IYM-013」のほうが「断然お得」ということです。

パッケージを開梱し、付属品を並べてみました。
一番右のビニール袋には、専用スプーン・混ぜ棒・牛乳パック用のクリップが入っています。

iym-013-review-06

取扱説明書とレシピブック、お客様へのお知らせです。
このレシピブックはオールカラーですから、モノクロと違って見やすさが段違いです。

iym-013-review-07

ヨーグルトメーカーの本体です。

iym-013-review-08

蓋を取り外すと、ギリシャヨーグルトが作れる「水切りカップ」が出てきます。
適度な容器と市販のコーヒー用ペーパーフィルターを利用して、水切りが行えます。

iym-013-review-09

内部には、牛乳パックがそのまま入る大きさの穴が空いています。

iym-013-review-10

温度調節や自動メニューの選択が行える「操作パネル」です。

iym-013-review-11

ヨーグルトメーカーの背面には、電源ケーブルが直結されています。

iym-013-review-12

レシピブック掲載レシピ

同梱の「レシピブック」に掲載されているレシピ一覧です。

ヨーグルトその他・発酵食品
自家製ヨーグルト簡単甘酒納豆
カスピ海ヨーグルトひんやり甘酒水キムチ
ギリシャヨーグルト甘酒ミルク塩レモン
クリームチーズごまと甘酒のブラマンジェモロッカンサラダ
クリームチーズでオープンサンド甘酒まんじゅうフルーツビネガー
やわらかタンドリーチキン塩麹梅シロップ
天然酵母醤油麹
天然酵母プチパン豚肉とビーンズ3種の白ワイン煮
ヨーグルト漬物鶏のから揚げ
ホエーパンケーキ西京味噌
飲むヨーグルト白身魚の自家製西京焼き
簡単レアチーズケーキ

飲むヨーグルトの作り方

1000mlの牛乳パックを、そのまま利用する場合の「飲むヨーグルト作成例」です。
自身は固形タイプではなく、ドリンクタイプのヨーグルトのみ使用しています。

iym-013-review-user-guide-1

工程公式の方法自身の方法
1スプーン・混ぜ棒・クリップを熱湯消毒するクリップを熱湯消毒する
2牛乳パックの蓋を全部開ける牛乳パックの蓋を半分開ける
3牛乳パックから牛乳を適量取り出す
(少し取らないと溢れる)
4牛乳パックに、スプーンを利用してヨーグルトを入れる牛乳パックに、ドリンクタイプのヨーグルトを入れる
5牛乳パックの中身を、混ぜ棒でよくかき混ぜる牛乳パックの蓋を強く抑え、漏れないように振る
6クリップで蓋を止め、自動メニューを開始する

ちなみに自身がよく使うのは「ガセリ菌SP株ヨーグルト」です。

レビューまとめ

公式が謳っているとおり「ボタン一つで飲むヨーグルトが作れる」便利なヨーグルトメーカーです。
基本的には牛乳パックを利用するため、ヨーグルトを作るたびに洗い物が増えることもありません。

いくつか牛乳や投入するヨーグルトを変え、自動メニューで飲むヨーグルトを作ってみました。
その結果としては概ね良好であり、販売されているような飲むヨーグルトが簡単に作れます。

ただし組み合わせによっては粘性が上手く生まれず、サラサラとした食感となることも。
とはいえ温度や時間設定は手動でも行えますから、最善の設定を見つける楽しみも生まれます。

ちなみに強いて欠点を挙げるとすれば、本体に電源スイッチが存在しないこと。
この現代に電源のオン・オフをコンセントの抜き差しで行うのは、時代遅れと言わざるを得ません。

  • 飲むヨーグルトが、文字通り簡単につくれる
  • 組み合わせを工夫して、自身好みのヨーグルトが追求できる
  • ヨーグルト以外にも、様々な発酵食品が作れる
  • 電源スイッチが搭載されていない

q?_encoding=UTF8&ASIN=B0782191P1&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22&language=ja_JPir?t=utf-8-e3-22&language=ja_JP&l=li3&o=9&a=B0782191P1

ヨーグルトメーカー「IYM-013」
総合評価4.5

★★★★★
 

よく読まれている記事

-日記

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2021 All Rights Reserved.