【コナミ】ゲーミングPC「ARESPEAR」の違い【性能比較】

投稿日:

konami-arespear-hikaku

2020年7月27日から直販サイトでの予約が開始されている、コナミのゲーミングPCシリーズ「ARESPEAR」。
今回の記事ではこの「ARESPEAR」の第一弾となる、ARESPEAR C700+ / C700 / C300の違いを解説します。


 

ARESPEAR紹介ムービー

ARESPEARとは戦を司る神である「ARES」と槍「SPEAR」から付けられた、コナミのゲーミングPCです。
ARESPEARシリーズの第一弾は「スタンダード」「ハイクラス」「ハイクラス+」の3種類で展開されます。

ARESPEARの特長

ARESPEARの特長まとめ

  • 見た目で置き場所を選ばない、スタイリッシュなデザインを採用している
  • 配線を隠せる背面カバーにより、背面もスタイリッシュなデザインである
  • ハイレゾオーディオ対応のゲーミングサウンドカード「ASUS XONAR AE」を搭載している
  • メインストレージに、レスポンスに優れた512GB SSD(PCIe NVMe/M.2)を採用している
  • 安定した冷却性能と静音性を確保する、水冷クーラーを搭載している(C700、C700+のみ)
  • 透明なサイドパネルと、カスタマイズ可能なフルカラーLEDを搭載している(C700+のみ)

ARESPEARの違い

C700とC700+の違いはフルカラーLEDと、それを演出する透明なサイドパネル採用にあります。
基本的な性能は全く同一ですから、外観の違いに魅力を感じるかどうかで選択しましょう。

分類スタンダードハイクラスハイクラス+
型番C300C700C700+
OSWindows 10 Home 64bit
CPUCore i5-9400FCore i7-9700
CPUクーラー空冷水冷
メモリ8GB(DDR4-2666 8GBx1)16GB(DDR4-2666 8GBx2)
SSD512GB(PCIe NVMe/M.2)
HDD-1TB(SATA)
ビデオカードGeForce GTX 1650GeForce RTX 2070 SUPER
サウンドカードASUS XONAR AE
備考--透明サイドパネル搭載
フルカラーLED搭載
税込価格184,800円316,800円338,800円

ARESPEARは買いなのか?

簡潔に言って、あなたは「コナミのオリジナルゲーミングPCであること」に価値を見いだせるでしょうか?
もし価値を感じるのであれば購入候補となるでしょうし、価値を感じなければ購入すべきではありません。

その理由として最も大きな点は、ARESPEARシリーズのコストパフォーマンスが著しく低いことにあります。

ARESPEARの各モデルごとに設定された予算があれば、余裕で2ランク以上の性能を狙うことができます。
ゲーミングPCを選ぶうえで最重要な要素は性能であり、自身は外観を優先すべきではないと考えます。

さらにARESPEARのハイクラスモデルC700とC700+のビデオカードも、上位というには不十分な水準。
つまり大きなコストをかけてARESPEARハイクラスモデルを購入しても、ほとんど優位にはなりません。

自身のスキルを阻害しないような性能のゲーミングPCを選ぶなら、素直に他のショップで購入しましょう。

お得なゲーミングPCを探す

ランキングおすすめ1位おすすめ2位おすすめ3位
デザインgalleria-xagalleria-rmgalleria-xa
型番XA7C-R70SRM5R-G60SXA7C-G60S
ランキングおすすめ1位おすすめ2位おすすめ3位
デザインgalleria-grgalleria-grgalleria-gcr
型番GCL2060RGF-TGR1650TGF-TGCR2070RGF-QC

640x100_gtuneshow?id=soa3VHlQ36s&bids=92827

今人気のゲームランキングを見る

 

よく読まれている記事

-ゲーム, パソコン

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2020 All Rights Reserved.