【Division 2】リンク済みレーザーポインターの効果【スポッター】

投稿日:2020年8月3日 更新日:

division-2-linked-laser-pointer-spotter

アンダーバレルレールに装備可能な、狙った相手をPulseスキャン可能なリンク済みレーザーポインター。
今回の記事ではこの「リンク済みレーザーポインター」と、タレントのスポッターとの効果を解説します。


 

リンク済みレーザーポインターとは?

一部の武器のアンダーバレルレールに装備可能な「テクニシャン専用のアタッチメント」です。

効果解説

テクニシャンのレーザーポインター

狙った相手をPulseスキャンする
長いレール用のアンダーバレルアタッチメント

linked-laser-pointer-info

このアタッチメントを装着して敵を狙うと、スキルの「スキャナーPulse」と同じ効果が得られます。
個人的な印象では静止した敵よりも移動している敵のほうが捕捉しやすく、効果が発動すると透過します。

linked-laser-pointer-spotter-image

リンク済みレーザーポインターの入手方法

リンク済みレーザーポインターを使用する条件は、スペシャリゼーションがテクニシャンであることです。
テクニシャンでポイントを貯めてライフルダメージを最大まで高めると、アンロックされて使用できます。

linked-laser-pointer-spotter-technique

スポッターとは?

Pulseスキャンとの組み合わせで効果が発動する、ボディアーマー専用の「火力上昇タレント」です。
前述したスキル「スキャナーPulse」のほか、リンク済みレーザーポインターでもダメージが上昇します。

効果解説

武器とスキルダメージの合計が、Pulse状態の敵に対し15%増幅する

linked-laser-pointer-spotter-info

検証に使用する装備

ベイカーズダズン

スポッターのダメージ検証に使用した「ネームドライフル」です。

linked-laser-pointer-weapon

クラシックM1A

インシンクのダメージ検証に使用した「高ダメージのライフル」です。

linked-laser-pointer-weapon-2

ボディアーマー

同じ条件で比較するため、ショップで売られていた装備をタレントのみ変更しました。

linked-laser-pointer-hikaku

武器に対する上昇率

ベイカーズダズンを利用したスポッターのダメージ検証は、819628/712720で「15.00%増加」でした。

linked-laser-pointer-spotter-damage

スキルに対する上昇率

アサルトタレットを利用したスポッターのダメージ検証は、45726/39762で「15.00%増加」でした。

linked-laser-pointer-turret-damage

フォーカスとの比較

ベイカーズダズンを利用したフォーカスのダメージ検証は、997809/712720で「40.00%増加」でした。
フォーカスのタレント解説によるダメージ上昇値は最大50%ですが、実際には40.00%増加に留まります。

とはいえフォーカスの最大値を維持できるのであれば、スポッターよりも極めて優れたダメージ上昇値です。

linked-laser-pointer-focus

インシンクとの組み合わせ

クラシックM1Aを利用したスポッターのダメージ検証は、731031/635679で「15.00%増加」でした。

linked-laser-pointer-spotter-insync-1

クラシックM1Aによるインシンクとスポッターのダメージ検証は、826716/635679で「30.05%増加」でした。

linked-laser-pointer-spotter-insync2-1

クラシックM1Aを利用したフォーカスのダメージ検証は、889951/635679で「40.00%増加」でした。

linked-laser-pointer-focus-damage

クラシックM1Aによるインシンクとフォーカスのダメージ検証は、1006438/635679で「58.32%増加」でした。

linked-laser-pointer-focus-insync

ダメージ検証まとめ

スポッター検証

武器武器タレント装備タレントダメージ増減率
ベイカーズダズンなしなし712720-
ベイカーズダズンなしスポッター819628+15.00%
ベイカーズダズンなしフォーカス997809+40.00%

インシンク検証

武器武器タレント装備タレントダメージ増減率
クラシックM1Aなしなし635679-
クラシックM1Aインシンクなし718884
+13.09%
クラシックM1Aなしスポッター731031+15.00%
クラシックM1Aインシンクスポッター826716+30.05%
クラシックM1Aなしフォーカス889951+40.00%
クラシックM1Aインシンクフォーカス1006438+58.32%

まとめ

スポッターに関するメリットと、デメリットをまとめました。

  • 装備タレントのスポッターは、リンク済みレーザーポインターでも発動する
  • スポッターが発動すると、武器ダメージおよびスキルダメージが15%上昇する
  • スポッターはフォーカスと違い、ズーム維持が不要でダメージを上昇できる
  • リンク済みレーザーポインターと通常のレーザーポインターは、排他である
  • スポッターのダメージ上昇効果は、フォーカスの最大時には到底敵わない
  • ダメージを最大化するなら、スポッターではなくインシンク×フォーカスである

おすすめビルド紹介

表に収まりきらない「公開したビルドの全て」は、別記事で詳しく解説しています。

攻撃ビルド防御ビルドスキルビルド各種情報まとめ
鉄板火力ビルド装甲追加ビルド状態異常ビルド武器タレント
半盾狙撃ビルド全盾拘束ビルドヒーラービルド装備タレント
複数攻撃ビルド鋳造工場ビルドヴァイルビルド部位ボーナス
 

よく読まれている記事

-The Division 2, ゲーム

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2020 All Rights Reserved.