【NVMe】M.2 SSDのサイズや規格の違い【選び方】

投稿日:

m2-ssd-size-nvme-640x360

これまで主流だったSATA SSDに代わり、BTO PCやモバイルPCへの導入が増加しているM.2 SSD。
今回の記事ではこの「M.2 SSD」のサイズや規格の違いをまとめ、選択すべき製品を解説します。

 

M.2とは?

基本的にマザーボードへ直接取り付ける、薄いスティック状のインターフェースのこと。
最近ではSSD用として用いられることが多く、配線不要のストレージとして利用できます。

shpm2280p2h-240g-09-640x424

M.2のサイズ

現在主流となっているM.2 SSDのサイズは「Type 2280」です。
数字の前2つが幅、後ろが長さを表しており、Type 2280の場合は「幅22mm×長さ80mm」です。

ちなみに幅は「12 / 16 / 22 / 30mm」の4種類が存在し、
長さは「16 / 26 / 30 / 38 / 42 / 60 / 80 / 110mm」の8種類が存在します。

ただし流通するサイズはほぼ限られており、特殊なサイズのものはまず見かけません。

M.2の端子

M.2の端子は1種類ではなく「Key ID」により、切り抜かれるピンの位置が決まっています。
現在流通しているのは主に「B key」と「M key」に「B&M key」を加えた「3種類」です。

m2-key-id

一般的なM.2 SSDではB keyが「SATA接続」で、M keyが「PCIe」接続のものが多く、
各Key IDとマザーボードが搭載しているM.2スロットとの対応表は下記の通りです。

ソケット B key M key B&M key
Socket 2(B key) 対応 × 対応
Socket 3(M key) × 対応 対応

引用元:Wikipedia

M.2の速度

M.2は一概に速いとは言えず、内部の接続方法が「SATA」か「PCIe」かによって速度が左右されます。
前者は速度が抑え目であるものの熱を持ちにくく、後者は速度に優れるものの熱を持ちやすいです。

またPCIeタイプの場合は「AHCI対応」と「NVMe対応」があり、NVMeがより高い性能を備えます。
例えばこの図を例にすると、NVMe対応製品のほうが優れたランダムアクセス速度だと言えます。

m2-nvme-ahci-640x223

引用元:AKIBA PC Hotline!

M.2のスロット

まずおさらいしておくべきことは、M.2には「B key / M key / B&M key」の3種類あることです。

また現在主に流通しているのは、切り抜きが1つの「M key」対応M.2 SSD(PCIe)と、
切り抜きが2つの「B&M key」対応M.2 SSD(SATA)です。

そしてマザーボードにはM.2スロットが2個あるものが多く、
片方が「SATA / PCIe」両対応、もう片方が「PCIe」専用であることが多いです。

ちなみにスロットは、M keyとB&M keyの両方に対応可能な「Socket 3」が主となっており、
認識の可否や速度の変化はあるにしろ、M.2 SSDが「物理的に刺さらないこと」はありません。

そのほかマザーボードによっては、M.2 SSDの接続スロットや認識させる規格によって、
マザーボード上に搭載されているSATAコネクタが、一部利用できなくなることがあります。

参考記事:ツクモ福岡店

切り抜き1つ:M key採用のM.2 SSD(PCIe)
切り抜き2つ:B&M key採用のM.2 SSD(SATA)

スロット 切り抜き1つ 切り抜き2つ
SATA / PCIe両対応
(Socket 3)
対応 対応
SATA専用(Socket 2) ×刺さらない 対応
PCIe専用(Socket 3) 対応 ×認識しない

まとめ

  • M.2で主に流通しているサイズは、幅22mm×長さ80mmの「Type 2280」である
  • M.2 SSDにはSATA接続とPCIe接続があり、後者の「M.2 SSD(PCIe)」のほうが速い
  • M.2 SSD(PCIe)にはAHCI対応とNVMe対応があり、後者の「NVMe対応」のほうが速い
  • M.2 SSDが難しいと感じたら、素直にSATA SSDを選択する
  • M.2 SSDを購入するなら、NVMe対応のM.2 SSD(PCIe)を選ぶ
  • M.2 SSD(PCIe)は、SATA / PCIe両対応のスロットに挿す
  • M.2 SSD(PCIe)は発熱しやすいため、熱対策に気をつける
  • M.2 SSD(SATA)は、SATA SSDと性能に大きな違いがない
  • M.2 SSD(SATA)は、スロットを間違えると認識しない
  • M.2 SSDを搭載すると、SATAコネクタが使えなくなることがある

 

よく読まれている記事

-パソコン

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.