【BS4K】新4K衛星放送対応チューナーまとめ【CS4K】

投稿日:2018年9月29日 更新日:

bs-cs-4k-tuner-640x360

2018年12月1日から開始される、新4K衛星放送を視聴するために必要な機器の4Kチューナー。
今回の記事では各メーカーから発表された「4Kチューナー」について、簡単に比較します。

 

4K対応チューナーの一覧

4K放送の視聴方法とアンテナの違い

項目 ピクセラ パナソニック シャープ 東芝 SONY
型番 PIX-SMB400 TU-BUHD100 4S-C00AS1 TT-4K100 DST-SHV1
地デジ シングルチューナー × タブルチューナー
BSデジ シングルチューナー × タブルチューナー
CS シングルチューナー × タブルチューナー
BS4K シングルチューナー タブル
CS4K シングルチューナー タブル
録画 後日対応 対応
HDMI 搭載
LAN 搭載
質量 約450g 約450g 約600g 約1700g
消費電力 約19W 約18W 約13W

各製品の特長など

PIX-SMB400

操作のしやすさにこだわった持ちやすいデザインと、十字キーを採用したリモコンが付属。
加えてGoogleアシスタントボタンによる音声認識や、Netflix専用ボタンを搭載しています。

さらに対応テレビやサウンドバーなどで、立体音響技術の「Dolby Atmos」も体感できます。

ピクセラ PIX-SMB400 公式ページ

TU-BUHD100

4Kビエラと連動して自動的に電源が切り替わる「ビエラリンク」により、簡単操作を実現。
リモコンを持ちかえる手間がなく快適に視聴でき、Googleアシスタント機能も搭載しています。

ちなみに発表当初は外付HDDへの録画が非対応でしたが、後日アップデート対応に修正されています。

パナソニック TU-BUHD100 公式ページ

TU-BUHD100

4S-C00AS1

AQUOS 4Kと連携し、リモコンひとつで手軽に操作が可能な「AQUOSファミリンク」に対応。
またHLG非対応のテレビでも、本機でHDR10方式に変換して出力することができます。

そのほか4Kビジュアル番組表や4K録画リストにより、視聴&録画機能も充実しています。
その一方でBS4Kおよび110度CS4Kチューナーは搭載しているものの、従来の放送は「非対応」です。

シャープ 4S-C00AS1 公式ページ

4s-c00as1

TT-4K100

対応レグザと接続することで、リモコンやレグザコンビネーション高画質の連携が可能。
さらに地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル番組であれば、裏番組録画にも対応します。

そのほかラージフォントリモコンや4K表示番組表を備え、使いやすさが向上しています。

東芝 TT-4K100 公式ページ

tt-4k100

DST-SHV1

ブラビアのリモコン1つで本機の操作が可能な、ブラビアリンクに対応。
さらに現時点の4K対応チューナーの中で、唯一BS4K/CS4K放送の視聴と録画を両立できます。

さらに録画したい番組が簡単に見つかるジャンル検索や、最大6TBのHDDにも対応しています。

ソニー DST-SHV1 公式ページ

DST-SHV1

まとめ

  • 4K対応チューナーを用意すると、BS4KやCS4Kが楽しめる
  • テレビとメーカーを揃えると、リモコンひとつで操作できる
  • 外付HDDを接続すれば、BS4KやCS4Kの番組を録画できる
  • BS4KやCS4Kを視聴するには、4K対応テレビが必要
  • 一部のメーカーは、録画機能が後日対応になっている
  • どのチューナーも、今後提供される8K放送に対応していない
 

よく読まれている記事

-日記

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.