【MNP】ドコモメール持ち運びを行う方法【注意点】

mnp-docomo-mail-portability

これまで携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の大きな障害となっていた、キャリア独自のメールアドレス。
今回の記事では「ドコモメール持ち運び」を利用し、docomo解約後にメールを維持する方法を解説します。


ドコモメール持ち運びとは?

docomoのSPモード契約時に利用可能となる、メールアドレス「@docomo.ne.jp」を維持するサービスです。
このサービスを利用することで、これまで不可能だったMNP時のメールアドレス移行が可能となります。

ドコモメール持ち運び

docomo-mail-portability

ドコモメール持ち運びの特徴

docomoが提供を開始した「ドコモメール持ち運び」の特徴をまとめました。

ドコモメール持ち運びの特徴

  • ドコモ回線解約後もドコモメールが使える
  • 大切なクラウドメールもそのまま残せる
  • 利用には1メールアドレスあたり「月額330円」が必要である

ドコモメール持ち運びの注意点

ドコモメール持ち運びを利用するうえで、注意すべき点についてまとめました。

ドコモメール持ち運びの注意点

  • MNPまたは回線解約後「31日以内」に申し込むこと
  • 回線契約にもとづき発行したdアカウントを持っていること
  • 回線契約名義が個人であること
  • ahamoへのプラン変更と同時に申し込むこと(※後述)
  • 現在ドコモ回線を契約中であること(ahamoへプラン変更前であること)
  • 回線契約に基づき発行したdアカウントを持っていること
  • 回線契約名義が個人であること
  • 一度ドコモメール持ち運びで分離したメールアドレスは、再度docomoに加入する際に基本プランへ統合することはできない

ahamoへのプラン変更時の注意事項

上記の中で注意すべきは「31日以内」という申込み期限と「ahamoへのプラン変更」です。
docomoからahamoに変更する際、手軽にドコモメール持ち運びが申し込める点は大きなメリットです。

しかしプラン変更時にドコモメール持ち運びを「申込まない」で進むと、それ以降持ち運びできません。
つまりahamoからさらなる乗り換えをする可能性があるなら、必ず「申し込む」を選択しておきましょう。

mnp-docomo-mail-portability-6

ドコモメール持ち運びを利用する方法

ドコモメールを乗り換え後に使うためには、下のボタンから「ドコモメール持ち運び」に移動します。

ドコモメール持ち運び

ドコモメール持ち運びに移動したら、画面を下にスクロールし「月額使用料」を確認しつつ、さらにスクロールします。

mnp-docomo-mail-portability-2

ページ中央にある「お申し込み方法(ドコモ回線解約)」を開き、文字リンクの「ドコモ回線解約後に申込む方法」から「お手続きサイトへ」をタップします。

mnp-docomo-mail-portability-3

すると本来であれば、ここから「ドコモメール持ち運び」の手続きが行えます。
しかし自身の場合は「エラーコード(72665)」が表示され、先に進むことができませんでした。

このエラーコードは「ドコモメール持ち運び不可」を表し、手詰まりということです。
原因はdocomoからahamoへのプラン変更時に、ドコモメール持ち運びをしなかったためです。

同様のトラブルに巻き込まれないよう、docomoからahamoへのプラン変更時には「ドコモメール持ち運び」の選択を慎重に行いましょう。

mnp-docomo-mail-portability-4

確かにahamo変更時のスクリーンショットを見返すと、確かに『申込まない(※現在のメールアドレスは失効し復元させることはできません)』と記載されていました。

mnp-docomo-mail-portability-5-1

ドコモメール持ち運びの流れ

ドコモメール持ち運びを利用可能にするまでの流れをまとめました。

ドコモメール持ち運びの流れ

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazon.co.jpのタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-ゲーム