【ISP】@niftyでv6プラスを利用するための条件

2018年04月02日 [日記]

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6を提供している、プロバイダのひとつ「@nifty」。
今回の記事ではこの@niftyで、v6プラスを利用するための条件をまとめます。

v6プラスを利用する条件

@nifty v6プラスのご案内

コース

まず第1の条件に、v6プラス対象コースであることが必要です。
下記対象コース以外ではv6プラスが利用できないため、注意しましょう。

  • @nifty光
  • @nifty光ライフ with フレッツ
  • @nifty光 with フレッツ
  • @nifty with ドコモ光
  • @nifty光 プロバイダーコース

回線

つぎに第2の条件は、v6プラス対象回線であることが必要です。
下記記載の対象回線のほか、対象回線に類するコラボ光でもv6プラスの利用は可能です。

  • NTT東日本のフレッツ光ネクスト回線
  • NTT西日本のフレッツ光ネクスト回線

機器

そして第3の条件として、v6プラス対応機器の用意が必要です。

v6プラス対応のホームゲートウェイは、ひかり電話加入者ならほぼ導入済みのはず。
しかしv6プラス対応のブロードバンドルーターはまだ種類が少ないため、確認が必要です。

v6プラス対応ルーターまとめ

  • v6プラス対応のホームゲートウェイ(ひかり電話対応ルーター)
  • v6プラス対応のブロードバンドルーター

フレッツ光の場合の注意事項

上記のとおり、フレッツ光と@niftyの組み合わせでもv6プラスの利用は可能です。
しかし@niftyはオペレーターによって対応が変わるため、意図するコースへの申し込みが難しいです。

そのためv6プラスを@niftyで利用する場合には、コラボ光かドコモ光への転用が賢明です。
もしくはv6プラスに対応している、他のプロバイダとの契約を検討すべきでしょう。

少なくとも自身は良い対応が得られなかったため、@niftyと契約することは今後ありません。

一人目のオペレーター:他社プロバイダを解約しないと、プロバイダ契約できないとの回答。
二人目のオペレーター:自身が希望していないコースで契約させたうえ、説明ミスだったことが判明。
三人目のオペレーター:公式が発表しているv6プラス対象コースを、非対応のコースだと説明。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ