大神 絶景版とオリジナル版の違い

2017年12月04日 [ゲーム]

2006年4月20日にカプコンより発売され人気となった、PlayStation 2用ゲームソフトの大神。
今回の記事では2017年12月13日に4K対応となって復活する、大神 絶景版について解説します。

プロモーション映像

大神とは?

世界に光を取り戻すため、神である主人公「アマテラス」となって旅をするRPG。
日本画のようなグラフィックとその情景に併せたBGMに、豊富なキャラクターが魅力です。

また画面に文字を書いて様々な力を発揮する「筆しらべ」も大神独特のシステム。
マップの移動やギミックの解除だけでなく、妖怪との戦闘にも駆使することとなります。

オリジナル版の継承部分

  • オリジナル版と同じ4:3の画面比率が選べる
  • ロード画面でミニゲームがプレイできる

昨今主流となっている16:9の画面比率のほか、PS2時代の4:3の画面比率も選択可能。
そのほかロード中のミニゲームで好成績を残せば、アイテムが獲得できる点も同一です。

オリジナル版との違い

  • 初のXbox OneやPCに対応し、もちろんPS4でも遊べる
  • PS4 Pro / Xbox One X / PCなら、より高精細な4K画質が選べる
  • 購入する場所により様々な特典が受けられる

3番目のショップ特典は紹介しきれないほど種類があるため、こちらのリンクを参考にして下さい。

ショップ別数量限定特典について


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ