【スマホの窓口】今オススメするスマホやネットの組み合わせとは?【最新版】

投稿日:

osusume-sumaho-internet-kumiawase

今やライフラインのひとつとして不可欠だと断言せざるを得ない、スマートフォンやインターネットの契約。
今回の記事ではこれらのコストを安くする方法について、忖度や詐欺なしで詳しい理由を含めて解説します。


 

2021年の動向

2020年の楽天モバイルキャリア入りに比べ、2021年は前半だけでも「激動の年」と言っても良いでしょう。
その理由は総務省の指摘を受け、大手3社が20GBのオンライン専用プランを発表したことにあります。

最初に動いたのはドコモのahamoでしたが、その後にauのpovo、SoftBankのLINEMOと続き、さらにMVNO各社の基本料金値下げへと徐々に広がっていきました。

このオンライン専用プランは、申込みをオンラインに一本化し、店頭で行っていた無料サポートを廃止。
主なサポートはオンラインチャットという形にしたことで、家族割やネット割無しで安価なプランです。

上記の性質から多少スマホに理解があるユーザー向きとは言えますが、世間の反響は上々でした。
当サイトでも発表後に公開した記事が連日大きなアクセスを記録し、一時ランキングが埋まったほどです。

そのためスマホの会社を検討する際には、このオンライン専用プランも含めて考える必要があると言えます。

最新のオススメ構成

詳しい内容を解説する前に、ここで私がオススメする「スマホとネットの組み合わせ」を紹介します。

オススメ構成店頭サポートあり店頭サポートなし
スマホ会社gifbanner?sid=3152227&pid=887324405UQmobileLINEMO
契約プランくりこしプランSミニプラン
基本データ容量3GB
特典データくりこし5分カケホ1年無料
でんきUQでんき任意
サブスマホ楽天モバイル(寝かせ)
ネット楽天ひかり(事業者変更・転用)
合計月額(1年目)990円~990円~

メインスマホ

主契約となるメインスマホには、店頭サポートありの「UQmobile」が最もオススメ。
次点で店頭サポートがないものの、5分カケホが1年無料となる「LINEMO」のミニプランとなります。

どちらも月間データ量は3GBですが、データ量が足りない場合は上位のプランにアップグレードしましょう。
データ量が増えるとMVNOがお得な場合もありますが、UQmobileとLINEMOの利点は通信品質にあります。

MVNOはより安価な可能性がある反面、キャリアから借り受けている回線に限りがあることが欠点。
混雑する時間帯には通信速度が劇的に落ち込み、快適にインターネットが利用できないこともしばしば。

はたして通話やインターネットが快適にできないスマホに、価値があるでしょうか?

――私はないと考えます

UQmobile

auのサブブランドであり、店舗数が少ないながらもUQスポットで店頭サポートに対応した会社です。
最近はauからのダウングレードにも積極的で、店舗数が多いauショップでも取り扱いが可能です。

2021年2月1日から提供されている「くりこしプラン」は、家族割やネット割がなくとも安価を実現。
さらに2021年6月10日からは「でんきセット割」が開始され、品質&コストともに最強になりました。

何よりこのでんきセット割を組めば、後述するインターネット契約が自由になることがメリット。
ネット割は同じ会社で組めば安くなる反面、別の安い会社を選ぶことができなくなってしまいます。

UQmobileの詳細を見る

LINEMO

現在新規申し込みができないMVNOのLINEモバイルが前身となる、SoftBankのオンライン専用プランです。
ahamo対抗で提供された20GBのスマホプランに加え、2021年7月15日にはミニプランが追加されました。

LINEMOの2つのプランのメリットは、第一にSoftBankと同じ通信品質を維持していることにあります。
第二に「通話オプション割引キャンペーン」で、カケホオプションが月額550円割引になることです。

つまり他社で5分カケホに相当する「通話準定額」が、1年間という期間限定ながら無料になります。
この割引により競合するahamoやpovoとほぼ同じ内容ながら、約500円ほど安い価格が実現できるのです。

LINEMOの詳細を見る

サブスマホ

ほとんどのユーザーは携帯電話1台であり、予備のスマホを持つことは珍しいことではないでしょうか。
しかし私は2つのお得な特典を受けるために、あえて楽天モバイルを契約することを推奨しています。

楽天モバイルは初期費用や違約金、果ては利用状況により月額料金すら無料となる大変珍しい会社です。
しかも端末同時なら端末が実質無料、モバイルルーター同時なら「実質マイナス化」まで実現できます。

rakuten-wifi-pocket-2b-campaign

さらに楽天モバイルの回線があれば、楽天市場の利用時にポイント還元の増加すら受けられます。
月額料金が0円となる条件は「1回線目」かつ「月間データ量1GB未満」ですから寝かせるだけの手軽さです。

ただし規約上、全く180日間利用していないと強制解約になる可能性があるため、定期的に通信しましょう。

楽天モバイルの詳細を見る

ネット契約

インターネット契約には工事不要の無線系と、工事が必要な一方で快適な通信が可能な固定系があります。
今回紹介するのは後者の固定系であり、契約すべきは楽天モバイルが提供する「楽天ひかり」です。

この楽天ひかりは楽天モバイルのユーザーに限り、月額料金1年間無料キャンペーンの対象となります。
これは月額料金が安い集合タイプはもちろん、月額料金が高い戸建タイプを含めた両方で受けられます。

ここで注意すべきは新規契約をしないことで、工事費無料のA社を経由しての事業者変更を行います。
事業者変更とは工事により敷設した光回線をそのまま利用して「乗り換え」する、いわば光のMNPです。

これを利用すれば楽天ひかりの欠点である工事費有料を回避して、月額1年無料だけが受けられます。
補足として事業者変更時に発生する違約金は、A社への新規加入時に受けられる特典で相殺しましょう。

そのほかまだ「フレッツ光」を利用している場合は、事業者変更ではなく「転用」でも特典対象です。
ただしもっともっと割やグループ割がある場合フレッツ光が最善ですから、安易な移行は非推奨です。

フレッツ光の料金は高くない理由」は、別記事で詳しく解説しています。

flets-hikari-cost
フレッツ光の料金は高くない

順調に増加の一途をたどる光コラボレーション事業者と、未だ高いシェア率を誇るフレッツ光。
今回の記事ではフレッツ光の料金を再度見直し、コラボ光との料金比較をサポートします。

続きを見る

 




無線ルーターの選び方

当サイトでも記事の閲覧数が多く、おそらく今は導入していない家庭を探すほうが少ない無線ルーター。
昨今はコロナによる巣篭もりの影響で、さらに需要が高まる「無線ルーターの選び方」を解説します。

musen-router-wi-fi-6-ipv6-150x150
【実売5千台超え】無線ルーターの選び方【Wi-Fi 6とIPv6対応版】

インターネットの普及に応じて認知度が上がっており、今や導入していない家庭が少ない無線ルーター。
今回の記事ではこれまで5千台以上の無線ルーターを緩く販売してきた私が、簡単に選び方を解説します。

続きを見る

月額無料で使える!

楽天モバイルは利用状況により、電話が使える音声回線であるにもかかわらず「月額無料化」が可能です。
しかも加入から解約まで、全ての手数料が無料となっているためまず損はありません。

この「楽天モバイルを無料で利用する方法」は、別記事で詳しく解説しています。
逆に「安価な月額料金と通信品質を両立したい」という場合には、ドコモの「ahamo」が大変人気です!

rakuten-mobile-free-150x150
【月額無料】楽天モバイルの料金や利点と欠点【アンリミⅥ】

MNO化から行われていた1年間の無料キャンペーンが終了し、契約数が約390万回線に達した楽天モバイル。
今回の記事ではこの「楽天モバイル」で新たに始まった3ヵ月無料キャンペーンと、新料金を解説します。

続きを見る

 

置くだけWi-Fiの決定版!

「オンラインゲームをしない」
「すぐに使いたい」

そんな人にオススメなのが、ホームルーターと呼ばれる「置くだけWi-Fi」です。
これまではWiMAXとSoftBankしかありませんでしたが、ついにドコモから新サービスが始まりました。

ドコモの「home 5G」は他社を下回る月額料金ながら、5Gもしくは4Gでの高速通信に対応しています。
しかも安心のドコモ回線ですから、SoftBank Airと違って快適かつ安定したレスポンスが期待できます。

さらに家族内の回線に「ドコモ光」や「home 5G」がなければ、スマホのプランに応じたセット割引も可能。
自身や家族がSoftBankでない限りは、ドコモのhome 5Gを選ばない理由がないほどの内容だと言い切れます。

快適な置くだけWi-Fiが欲しい ⇒ ドコモのhome 5G
家族がSoftBank回線で固めており、おうち割 光セットを受けていない ⇒ ソフトバンクSoftBank Air
日によって使う場所が変わる ⇒ WiMAX、もしくは楽天モバイル(home 5GやSoftBank Airは住所固定)

000000052130impression?a_id=2846921&p_id=3732&pc_id=9137&pl_id=52130 000000037385impression?a_id=2858471&p_id=2923&pc_id=6722&pl_id=37385

オススメのモバイルルーターは?

「面倒な工事は避けたい」
「家でも外でも使いたい」

よく聞かれるこのような要望に合致するのが、モバイルルーターと呼ばれるお手軽なWi-Fiです。
このWi-Fi業者には「GMOとくとくBB0」や「gifbanner?sid=3152227&pid=886948959BIGLOBE」などがありますが、オススメは楽天モバイルです!

なぜなら「モバイルルーターの本体価格が実質0円」で、端末の導入が必要ないからです。
しかも無料どころか付与される楽天ポイントを考慮すると、実質マイナスで導入できてしまいます。

やはり楽天モバイルは、月間1GB以下なら「何の料金も発生しない」ことが見逃せない大きなメリット。
サービス面や速度面で気に入らなければ、すぐに無料で解約できる点が他の業者の追随を許さない理由です。

rakuten-wifi-pocket-2b-campaign

Rakuten WiFi Pocket 2の詳細を見る

ドコモがあるならdカード GOLD

ドコモの利用料金に応じてもらえるポイントがなんと10倍になるカード、それが「dカード GOLD?ad=00000lqiv000q1n&s=m」です。
さらに1枚無料の家族カードを発行すれば、申込者の家族が受け取るポイントも10倍の10%になります。

?ad=00000t518000q1n

もちろんdカード GOLDの魅力は「10%のポイント還元」だけに留まりません。
「もしかして損をしているのでは?」と気になる方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

d-card-gold-10bai-point-back-150x150
【ドコモ】dカード GOLDで還元率10%超えを狙う方法【特典豊富】

ドコモユーザーなら、持っているだけで利用料金の10%がポイントで還元されるdカード GOLD。
今回の記事ではこの「dカード GOLD」を使い、還元率10%超えを狙う方法について解説します。

続きを見る

 

よく読まれている記事

-スマホ

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2021 All Rights Reserved.