【SDCZ430-032G-G46】ベンチマークレビュー【超小型】

SDCZ430-032G-G46のベンチマークレビュー

SanDisk Ultra Fit 3.1シリーズに属したコンパクトなデザインが特徴的な、USBメモリのSDCZ430-032G-G46。
今回の記事ではこの「SDCZ430-032G-G46」の外観と、ベンチマークソフトで得た転送速度を掲載します。



SanDisk Ultra Fit 3.1の紹介動画

SDCZ430-032G-G46の特長

SDCZ430-032G-G46の特長まとめ

  • コンパクトなプラグ&ステイデザインを採用している
  • 最大読み取り速度130MB/sを実現する、USB 3.1に対応している
  • ドラッグ&ドロップによる、128ビットAES暗号化に対応している
  • USB 3.0および2.0ポートでも利用可能な、下位互換性を備えている
  • 本体上部の穴を、ストラップホールとして利用することができる

公式サイト:SanDisk

SDCZ430-032G-G46の写真レビュー

SanDisk Ultra Fit 3.1シリーズのパッケージです。
右上で容量表示に加え、最大読み取り速度130MB/sという高速性能が確認できます。

SDCZ430-032G-G46の写真レビュー

パッケージ裏面では、いくつかの言語で商品内容の解説が行われています。
下部に視線を移すと「5年保証」であることや、JANコード「619659163402」が確認できます。

SDCZ430-032G-G46の写真レビュー-2

USBメモリ本体です。
超小型なデザインとなっており、パソコンに接続しても約8mmしか飛び出しません。

SDCZ430-032G-G46の写真レビュー-3

インターフェースはUSB Type-Aの3.1に対応しています。

SDCZ430-032G-G46の写真レビュー-4

USBメモリの裏面では、製造国が「マレーシア」であることや「シリアルナンバー」が確認できます。

SDCZ430-032G-G46の写真レビュー-5

SDCZ430-032G-G46の重量は、実測で「約1g」でした。

SDCZ430-032G-G46の写真レビュー-6

SDCZ430-032G-G46のベンチマーク

計測に使用したのは、マザーボードの「USB 3.1 Gen 2ポート」です。

ベンチマーク計測PC内容
OSWindows 10 Pro 64bit
マザボードASUS「TUF Z390-PLUS GAMING」
CPUIntel「Core i9-9900K」
メモリCorsair「CMK16GX4M2A2666C16」
グラフィックカードGIGABYTE「GV-N3060GAMING OC-12GD Rev2.0」
ストレージIntel「SSDPEKKW256G8」
電源Cooler Master「RS750-AMAAG1-JP」

転送速度の計測には「CrystalDiskMark 8.0.4c x64」を利用しました。

SDCZ430-032G-G46のベンチマーク

SDCZ430-032G-G46の詳細レビュー

見た目でもわかるとおり、超小型と謳われるコンパクトなデザインが嬉しいUSBメモリです。
この形状の利点はパソコンに挿したまま持ち運べることで、接続していることを感じさせません。

またカラーもブラックですから目立ちにくいうえ、肝心の転送速度も公称の130MB/sを超える性能でした。
そのためノートパソコンとの接続に向き、容量の大きなファイルのコピーもストレスなく行えます。

強いて欠点を挙げるとするならその小さすぎるサイズが仇となり、抜き挿しが難しいことにあります。
USBメモリをデータのバックアップ先ではなく、受け渡しのツールとして使うなら避けるべきでしょう。

人気の商品が日替わりで登場! タイムセールを見る

⏰ クーポン・アウトレット・在庫処分もあります

続きはこちら ⇒ 最新のレビュー記事を見る



-パソコン, レビュー