【SSD交換】ThinkCentre M75q-1 Tinyの分解方法【超簡単】

投稿日:

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd

標準搭載されたM.2 NVMe SSDを交換することで、より使いやすくなるというThinkCentre M75q-1 Tiny。
今回の記事ではこの「ThinkCentre M75q-1 Tiny」の分解方法と、2.5インチSSDの増設について解説します。


 

ThinkCentre M75q-1 Tinyの分解方法

ThinkCentre M75q-1 Tinyのカスタマイズで、ツールレス(オープンシャーシ)を「なし」にすると、

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-order

本体の分解にドライバーを用意して、背面のネジをドライバーで外す必要があります。

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-01

ただし外すネジは最も目立つ1本だけで良く、あとはLenovoのロゴがあるパネルを正面側へスライドします。

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-02

サイドパネルを外せば、すぐに2.5インチドライブを増設できるマウンタが現れます。

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-03

2.5インチSSDを増設する方法

2.5インチSSDもしくは2.5インチHDDを増設するには、まずテープで止められたマウンタを取り外します。

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-04

続いて任意の2.5インチドライブをマウンタにセットします。
この時ネジは一切不要で、ドライブを傾けつつマウンタに差し込むだけで固定できます。

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-05

あとはマウンタを裏返し、この方面を自身のほうに向けたら、

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-06

元通り本体に組み込んでSATAケーブルを差し込めば、2.5インチドライブの増設は完了です。

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-07



標準搭載のM.2 NVMe SSDとは?

2.5インチドライブ側のサイドパネルを取り外したら、本体を裏返します。
そしてシールを上方に配置したら、もう片方のサイドバネルを背面側へスライドします。

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-08

するとメモリスロットや、標準搭載のM.2 NVMe SSDが現れます。

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-09

標準搭載されているM.2 NVMe SSDの長さは、スタンダードな2280ではなく2242のようです。

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-10

このSSDの正確な型番は、WDC PC SN520シリーズの「SDAPMUW-128G-1001」です。

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-11

その一方で、標準搭載のメモリはSamsungの「M471A1K43DB1-CTD」でした。

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-12

標準搭載されたSSDの性能とは?

ちなみに「標準搭載されたSDAPMUW-128G-1001の性能」は、別記事で詳しく解説しています。

sdapmuw-128g-1001-review-1-150x150
【SDAPMUW-128G-1001】M75q-1 Tiny標準搭載のSSD【レビュー】

ThinkCentre M75q-1 Tinyのカスタマイズで128GB M.2を選択すると搭載される、SDAPMUW-128G-1001。
今回の記事ではこの「SDAPMUW-128G-1001」を、各種ベンチマークの結果とともにレビューします。

続きを見る

補足:基板拡大写真ほか

ブロアーファン部

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-13

2.5インチベイ基板部(左)

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-015

2.5インチベイ基板部(右)

thinkcentre-m75q-1-tiny-change-ssd-14

 

よく読まれている記事

-パソコン, 日記

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2020 All Rights Reserved.