【外部端子】ThinkCentre M75q-1 Tinyの外観チェック【レビュー】

投稿日:2020年7月20日 更新日:

thinkcentre-m75q-1-tiny-connector-review

コンパクトながら豊富な外部端子を搭載した、Lenovoのデスクトップパソコン「ThinkCentre M75q-1 Tiny」
今回の記事では到着した「ThinkCentre M75q-1 Tiny」を開封し、外観や同梱などをまとめてレビューします。


 

ThinkCentre M75q-1 Tinyの外観チェック

ThinkCentre M75q-1 Tinyは、ノートパソコン程度の箱で到着します。(撮影スペースの関係で写真は割愛
箱の中には後述の同梱品のほか、ビニール袋で保護されたパソコン本体が収納されています。

thinkcentre-m75q-1-tiny-01

ビニール袋をとったのちの、天面側です。

thinkcentre-m75q-1-tiny-02

今回注文したのは、その高いコストパフォーマンスで話題となっている「ThinkCentre M75q-1 Tiny:価格.com限定 パフォーマンス」です。

このパソコンは4コア/8スレッドで駆動するRyzen 5 PRO 3400GEを搭載していながら、なんと「リーベイツ」を利用すると実質2万円台で購入できます。

thinkcentre-m75q-1-tiny-03

天面奥側には「Lenovoのロゴ」が存在します。

thinkcentre-m75q-1-tiny-04

本体前面には左から電源スイッチ、マイク端子、イヤホン端子、USB Type-C、USB Type-Aを搭載しています。

thinkcentre-m75q-1-tiny-05

本体背面には左から電源端子、DisplayPort、USB Type-A、HDMI、USB Type-A×3、有線LANを搭載しています。

thinkcentre-m75q-1-tiny-06

本体正面と底面の外観です。

thinkcentre-m75q-1-tiny-07

本体側面には、型番や「リカバリーツールの作成」に必要な「シリアル番号」が存在します。

thinkcentre-m75q-1-tiny-08-1

本体背面と底面の外観です。

thinkcentre-m75q-1-tiny-09

本体底面には滑り止めを備え、中央下部のシールにも型番やシリアル番号が記載されています。

thinkcentre-m75q-1-tiny-10-1

ThinkCentre M75q-1 Tinyの重量は、実測で「約1,086g」でした。

thinkcentre-m75q-1-tiny-11



ThinkCentre M75q-1 Tinyの同梱品一覧

ThinkCentre M75q-1 Tinyにはパソコン本体のほか、セットアップガイドや保証に関する案内、

thinkcentre-m75q-1-tiny-12

そしてACアダプターにそれと接続する電源ケーブルなどが、もちろん同梱されています。

thinkcentre-m75q-1-tiny-13

ThinkCentre M75q-1 Tinyに標準で付属しているACアダプターは「65Wのタイプ」です。
しかしオプションの135WのACアダプターを導入すれば、Ryzen 5 PRO 3400GE本来の性能が発揮できます。

thinkcentre-m75q-1-tiny-14

ACアダプターから伸びるケーブルの先は、LenovoやNECで用いられるUSBのような四角い形です。

thinkcentre-m75q-1-tiny-15

65WのACアダプターの型番は「A17-65N2A」で、入力は100-240V 1.8A 50-60Hzに対応しています。

thinkcentre-m75q-1-tiny-16

ACアダプター後部では、安全に関する様々なマークが印刷されています。

thinkcentre-m75q-1-tiny-17

ACアダプターとコンセントを接続するケーブルには「通称:ミッキーケーブル」を利用します。

thinkcentre-m75q-1-tiny-18

ThinkCentre M75q-1 Tinyの音声出力について

外観とはあまり関係ありませんが、ThinkCentre M75q-1 Tiny本体にはスピーカーを内蔵しています。
しかし「モノラルスピーカーのうえ音量も小さい」ですから、USBスピーカーの導入をオススメします。

私が今回用意したのは「Creative Pebble」の黒ですが、価格を考慮すると十分な音質と音量です。
ただしThinkCentre M75q-1 Tinyのヘッドホン端子は正面ですので、少し見た目がよくありません。

そのため見た目を気にするのであれば、電源と音声の両方をUSBケーブル1本で補えるものが良いでしょう。
自身が自宅で利用しているのが、USB DAC内蔵による高音質再生で人気が続いている「JBL Pebbles」です。

このJBL Pebblesはスピーカー間はステレオミニケーブルですが、パソコンとの接続はUSBケーブル1本です。
つまりThinkCentre M75q-1 Tinyの背面に接続すれば、正面側の見た目をスマートに保つことができるのです。

ThinkCentre M75q-1 Tinyの購入方法

ちなみに「ThinkCentre M75q-1 Tinyの購入方法」は、別記事で詳しく解説しています。

thinkcentre-m75q-1-tiny-rebates-9-150x150
【最小構成】ThinkCentre M75q-1 Tinyの購入方法【リーベイツ】

価格.comの人気ランキングで不動の1位を守り続けている、デスクトップPCのThinkCentre M75q-1 Tiny。
今回の記事では楽天のRebates(リーベイツ)を経由して、ThinkCentre M75q-1 Tinyを購入してみます。

続きを見る

 

よく読まれている記事

-パソコン, 日記

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2020 All Rights Reserved.