PUBGのGPUベンチマーク結果

2017年08月12日 [PUBG]

ゲームの画質に大きく影響する、グラフィックボードに搭載されたGeForeceやRadeon。
今回の記事ではPUBGを動作させるにあたって、各GPUごとのフレームレートを解説します。

フルHD 中画質

PUBGが高い性能を要求するのは、CPUだけではなくGPUも同様です。

最低fpsに着目すると、Radeon RX 470 4GB以下が60fpsを下回っています。
平均fpsだけを見れば健闘していますが、やはりRadeon RX 480 8GB以上の選択が安心です。

ちなみにGeForce GTX 1080 Tiが上から3番目の結果であることは、ソース元でも不思議との談。
「おそらくドライバやゲームの最適化が要因となっているのではないか」と、推測されています。

フルHD 最高画質

中画質での結果とは違い、平均60fpsを割り込むGPUが多い結果となりました。
GeForce GTX 1060に着目すると、実装メモリの差が平均fpsの差にも表れています。

とはいえいずれのGPUも、最低60fpsに到達していないという困惑の結果。
強いて選択するなら、GeForce GTX 1060 6GBがボーダーラインとなるでしょうか。

WQHD 最高画質

大きく負荷が上昇した画質設定の変更に比べると、解像度変更による負荷は比較的少ない印象。
それでもGeForce GTX 1080 Tiですら最低60fpsを稼げないという結果となり、要求の高さが窺えます。

4K 最高画質

WQHDの結果から嫌な予感を抱いてはいましたが、いよいよシングルカードの構成では厳しい様相に。
最上位のGeForce GTX 1080 Tiが健闘しているものの、最低40fpsではカクツク場面もあるでしょう。

とはいえそれ以下のGPUでは良くて平均30fpsと、家庭用ゲーム並のフレームレートが性能の限界。
極めて美麗な憧れの高解像度でプレイしたいのは山々ですが、快適な4K環境は高い壁だと言えます。

引用元:Best PUBG settings | PC Gamer


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ