【Core i9-9900K】第9世代CPUの性能まとめ【Core i7-9700K】

投稿日:2018年8月22日 更新日:

core-i9-9900k-core-i7-9700k-spec

2018年10月19日の発売が予定されている、ハイエンドCPUの「Core i9-9900K」と「Core i7-9700K」
今回の記事ではIntelの第9世代Coreシリーズとして登場する、Core i5やCore i3を含めて解説します。


Core i7-8700KとRyzen 7 2700Xの性能比較 RTX 2080の性能まとめ

 

第9世代紹介動画

第9世代の概要

発売モデル抜粋

Core i7-9700Kのベンチマーク Core i9-9900Kのベンチマーク

項目 Core i9-9900K Core i7-9700K Core i5-9600K
基本クロック 3.60GHz 3.60GHz 3.70GHz
最大クロック 5.00GHz 4.90GHz 4.60GHz
コア / スレッド 8 / 16 8 / 8 6 / 6
Smart Cache 16MB 12MB 9MB
GPU UHD Graphics 630
対応メモリ DDR4-2666(デュアルチャネル)
アンロック 対応
PCIEレーン 最大40レーン
Optaneメモリ 対応
TDP 95W
希望小売価格 $488 $374 $262

core-i9-9900k-core-i7-9700k-details-640x360

主な変更点

  • 8コアに増加
  • Z390に対応
  • ソルダリング:Solder Thermal Interface Material採用
  • USB 3.1 Gen 2とIntel Wireless-ACをサポート

core-i9-9900k-core-i7-9700k-technologies-640x360

仕様詳細

core-i9-9900k-core-i7-9700k-performance-640x360

参考元:Intel Core i9-9900K confirmed to be soldered

第9世代Core i9 / Core i7

第8世代と比べて特記すべきは「Core i7-9700K」が8コア / 8スレッドで駆動する仕様になっており、
ハイパースレッティングが有効となっているのは、上位の「Core i9-9900K」に限られることです。

そのほか「Core i7-8700K」に比べてベースクロックが低下し、ターボブースト時のクロックが上昇。

しかしTDPは「Core i7-8086K」や「Core i7-8700K」と同等の95Wを維持しており、
コア数の増加がTDPの増加に影響を及ぼしていないことは、素直に受け取れない部分があります。

Core i7-8086Kのベンチマーク

項目 Core i9-9900K Core i7-9700K Core i7-8086K Core i7-8700K
コア / スレッド 8 / 16 8 / 8 6 / 12
ベースクロック 3.60GHz 3.60GHz 4.00GHz 3.70GHz
ターボブースト 5.00GHz 4.90GHz 5.00GHz 4.70GHz
L3キャッシュ 16MB 12MB
対応メモリ DDR4-2666
TDP 95W

第9世代Core i5

第8世代と比べると、全体的に軽微なクロック上昇に留まっている印象。
「Core i5-9600K」は「Core i5-8600K」と比べて、最大クロックが0.3GHz高められています。

第9世代 Core i5-9600K Core i5-9600 Core i5-9500 Core i5-9400 Core i5-9400T
コア / スレッド 6 / 6
ベースクロック 3.70GHz 3.10GHz 3.00GHz 2.90GHz 1.80GHz
ターボブースト 4.60GHz 4.50GHz 4.30GHz 4.10GHz 3.40GHz
L3キャッシュ 9MB
対応メモリ DDR4-2666
TDP 95W 65W 35W
第8世代 Core i5-8600K Core i5-8600 Core i5-8500 Core i5-8400 Core i5-8400T
コア / スレッド 6 / 6
ベースクロック 3.60GHz 3.10GHz 3.00GHz 2.80GHz 1.70GHz
ターボブースト 4.30GHz 4.30GHz 4.10GHz 4.00GHz 3.30GHz
L3キャッシュ 9MB
対応メモリ DDR4-2666
TDP 95W 65W 35W

第9世代Core i3

こちらも「Core i5」と同じく、軽微なクロック上昇。
「Core i3-9100」は「Core i3-8100」と比べて、クロックが0.1GHz高められています。

項目 Core i3-9100 Core i3-9000 Core i3-9000T Core i3-8100
コア / スレッド 4 / 4
ベースクロック 3.70GHz 3.70GHz 3.20GHz 3.60GHz
ターボブースト -
L3キャッシュ 6MB
対応メモリ DDR4-2400
TDP 65W 35W 65W

国内販売価格

公式発表直後、国内で予約販売が確認できたのは、
「パソコンショップ アーク」と「パソコン工房」で、どちらも同じ価格でした。

モデル名 税込価格 型番 希望小売価格 ドル換算
Core i9-9900K 65,980円 BX80684I99900K $488 135円
Core i7-9700K 51,480円 BX80684I79700K $374 138円
Core i5-9600K 34.980円 BX80684I59600K $262 134円

まとめ

  • Core i9-9900Kは「8コア/16スレッド」のCPUとなる
  • Core i9-9900Kだけでなく、Core i7-9700Kにも「8コア」が実装される
  • 第9世代のCoreシリーズには「ソルダリング(はんだ付け)」が採用される
  • ハイパースレッディングが有効なのは「Core i9-9900K」のみ
  • Core i7-9700Kは「8コア/8スレッド」のCPUとなる
  • Core i5やCore i3に関して、第8世代からの性能向上は軽微である

参考元:Intel 9th Gen Core CPU and Z390 Platform Launches on 1st October - Specs Leak




無線ルーターの選び方

当サイトでも記事の閲覧数が多く、おそらく今は導入していない家庭を探すほうが少ない無線ルーター。
昨今はコロナによる巣篭もりの影響で、さらに需要が高まる「無線ルーターの選び方」を解説します。

musen-router-wi-fi-6-ipv6-150x150
【実売5千台超え】無線ルーターの選び方【Wi-Fi 6とIPv6対応版】

インターネットの普及に応じて認知度が上がっており、今や導入していない家庭が少ない無線ルーター。
今回の記事ではこれまで5千台以上の無線ルーターを緩く販売してきた私が、簡単に選び方を解説します。

続きを見る

人気のゲーミングPCまとめ

ショップ名ブランド名主なコラボチームやコラボプレーヤー
マウスコンピューターG-TuneDetonatioN Gaming / G-STAR Gaming
AXIZ / Unsold Stuff Gaming / YOSHIMOTO Gaming
パソコン工房
0
LEVEL∞JUPITER / Crazy Raccoon / 父ノ背中
EAM αD ESPORTS / 令和ゲーミング
ドスパラGALLERIADETONATOR / Nephrite
フロンティアFRONTIER GAMERSLibalent / Zoo Gaming
アークarkhiveSunSister
ツクモeX.computer-

 

話題のゲームをお得に購入してみる

 

よく読まれている記事

-パソコン

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2021 All Rights Reserved.