【Core i9-9900K】第9世代CPUの性能まとめ【Core i7-9700K】

2018年08月22日 [日記]

core-i9-9900k-core-i7-9700k-spec-640x360

2018年後半のリリースが予定されている、ハイエンドCPUの「Core i9-9900K」と「Core i7-9700K」
今回の記事ではIntelの第9世代Coreシリーズとして登場する、Core i5やCore i3を含めて解説します。

※記載の情報は、現時点でリークを参考にしています。

Core i7-8700KとRyzen 7 2700Xの性能比較 RTX 2080の性能まとめ

第9世代の概要

発売モデル抜粋

Core i7-9700Kのベンチマーク

項目 Core i9-9900K Core i7-9700K Core i5-9600K
基本クロック 3.60GHz 3.60GHz 3.70GHz
最大クロック 5.00GHz 4.90GHz 4.60GHz
コア / スレッド 8 / 16 8 / 8 6 / 6
TDP 95W
PCIEレーン 最大40
アンロック 対応
Smart Cache 16MB 12MB 9MB
対応メモリ DDR4-2666(デュアルチャネル)
Optaneメモリ 対応

core-i9-9900k-core-i7-9700k-details-640x360

主な変更点

  • 8コアに増加
  • Z390に対応
  • ソルダリング:Solder Thermal Interface Material採用(Core i9のみ?)
  • USB 3.1 Gen 2とIntel Wireless-ACをサポート

core-i9-9900k-core-i7-9700k-technologies-640x360

仕様詳細

core-i9-9900k-core-i7-9700k-performance-640x360

引用元:Intel Core i9-9900K confirmed to be soldered

第9世代Core i9 / Core i7

第8世代と比べて特記すべきは「Core i7-9700K」が8コア / 8スレッドで駆動する仕様になっており、
ハイパースレッティングが有効となっているのは、上位の「Core i9-9900K」に限られることです。

そのほか「Core i7-8700K」に比べてベースクロックが低下し、ターボブースト時のクロックが上昇。

しかしTDPは「Core i7-8086K」や「Core i7-8700K」と同等の95Wを維持しており、
コア数の増加がTDPの増加に影響を及ぼしていないことは、素直に受け取れない部分があります。

項目 Core i9-9900K Core i7-9700K Core i7-8086K Core i7-8700K
コア / スレッド 8 / 16 8 / 8 6 / 12
ベースクロック 3.60GHz 3.60GHz 4.00GHz 3.70GHz
ターボブースト 5.00GHz 4.90GHz 5.00GHz 4.70GHz
L3キャッシュ 16MB 12MB
対応メモリ DDR4-2666
TDP 95W


第9世代Core i5

第8世代と比べると、全体的に軽微なクロック上昇に留まっている印象。
「Core i5-9600K」は「Core i5-8600K」と比べて、最大クロックが0.3GHz高められています。

第9世代 Core i5-9600K Core i5-9600 Core i5-9500 Core i5-9400 Core i5-9400T
コア / スレッド 6 / 6
ベースクロック 3.70GHz 3.10GHz 3.00GHz 2.90GHz 1.80GHz
ターボブースト 4.60GHz 4.50GHz 4.30GHz 4.10GHz 3.40GHz
L3キャッシュ 9MB
対応メモリ DDR4-2666
TDP 95W 65W 35W
第8世代 Core i5-8600K Core i5-8600 Core i5-8500 Core i5-8400 Core i5-8400T
コア / スレッド 6 / 6
ベースクロック 3.60GHz 3.10GHz 3.00GHz 2.80GHz 1.70GHz
ターボブースト 4.30GHz 4.30GHz 4.10GHz 4.00GHz 3.30GHz
L3キャッシュ 9MB
対応メモリ DDR4-2666
TDP 95W 65W 35W


第9世代Core i3

こちらも「Core i5」と同じく、軽微なクロック上昇。
「Core i3-9100」は「Core i3-8100」と比べて、クロックが0.1GHz高められています。

項目 Core i3-9100 Core i3-9000 Core i3-9000T Core i3-8100
コア / スレッド 4 / 4
ベースクロック 3.70GHz 3.70GHz 3.20GHz 3.60GHz
ターボブースト
L3キャッシュ 6MB
対応メモリ DDR4-2400
TDP 65W 35W 65W


まとめ

  • Core i9-9900Kは「8コア/16スレッド」のCPUとなる
  • Core i9-9900Kは「ソルダリング(はんだ付け)」が採用される
  • Core i9-9900Kだけでなく、Core i7-9700Kにも「8コア」が実装される
  • ハイパースレッディングが有効なのは「Core i9-9900K」のみ
  • Core i7-9700Kは「8コア/8スレッド」のCPUとなる
  • Core i5やCore i3に関して、第8世代からの性能向上は軽微である

引用元:Intel 9th Gen Core CPU and Z390 Platform Launches on 1st October – Specs Leak


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ