【ISP】Gaming+(v6プラス)の速度を検証した結果

2018年05月06日 [日記]

gaming-plus-v6-plus-640x360

インターネットの速度にこだわる、e-Sportsゲーマー向けプロバイダのGaming+。
今回の記事ではこのゲーミングプラスと実際に契約し、v6プラスの速度を検証します。

Gaming+とは?

e-Sports向けプロバイダのGaming+ お試し制度について

株式会社ネットフォレストが運営している、ハイスペックプロバイダのひとつです。
通信速度と安定性が求められるe-Sportsのため、話題の「v6プラス」を標準で提供しています。

ちなみにGaming+自体は最近できたプロバイダですが、かもめインターネットと同じ会社。
私自身が試した限りでは速度も安定しており、サポートも驚くほど繋がりやすいです。

さらに「お試し制度」を利用すれば、最大約1ヶ月間の無料体験まで行えます。

v6プラスとは?

MAP-EやDS-Liteとは? v6プラス対応ルーターまとめ

速度と安定感に大変優れた、新世代の接続方式「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」のひとつです。

一般的なプロバイダでは落ち込みがちな夜間帯でも、スムーズかつ快適な通信が可能で、
昨今ユーザーが増大しているオンラインゲーム対戦や、動画サービスの視聴にも適します。

また同種の接続方式である「DS-Lite」に比べ、対応機器が豊富であることも魅力。
普及率が高いNTT東西のホームゲートウェイで利用できる点は、大きな利点だと言えるでしょう。

v6プラスの効果検証

Gaming+への加入から約2週間、従来の接続方式との比較画像を回収してきました。

左がOCN(IPv4 PPPoE)での接続速度で、右がGaming+(v6プラス)での接続速度です。
どちらの速度も同じPCかつ同じLANポートで計測しており、測定時間の差も少なくしています。

スピードテストに使えるおすすめサイト

ちなみに速度測定には、体感速度と近い結果が表示される「BNRスピードテスト」を利用しています。
体感速度以上に高い数値が表示される「Speedtest」を利用した、速度測定時の最大値がこちらです。

gaming-plus-v6-plus-max-speed

速度比較表

速度の差は、最大で134.67Mbps
速度の比は、最大で225490%となりました。

計測日 計測時間 IPv4 PPPoE Gaming+ 速度差 速度比
4月10日 20時 8.44Mbps 85.20Mbps 76.76Mbps 1009%
4月10日 21時 9.98Mbps 61.56Mbps 51.58Mbps 617%
4月10日 22時 0.96Mbps 68.15Mbps 67.19Mbps 7087%
4月10日 23時 5.16Mbps 62.47Mbps 57.31Mbps 1211%
4月11日 20時 4.78Mbps 85.35Mbps 80.57Mbps 1786%
4月12日 22時 6.01Mbps 80.40Mbps 74.39Mbps 1338%
4月12日 23時 0.80Mbps 70.98Mbps 70.18Mbps 8857%
4月13日 19時 80.73Mbps 94.60Mbps 13.87Mbps 117%
4月13日 20時 62.78Mbps 94.68Mbps 31.90Mbps 151%
4月13日 22時 0.75Mbps 89.64Mbps 88.89Mbps 11944%
4月13日 23時 0.04Mbps 95.54Mbps 95.50Mbps 225490%
4月14日 23時 61.79Mbps 97.68Mbps 35.89Mbps 158%
4月15日 23時 2.60Mbps 83.34Mbps 80.74Mbps 3205%
4月17日 19時 0.65Mbps 92.73Mbps 92.08Mbps 14345%
4月17日 22時 0.38Mbps 96.89Mbps 96.51Mbps 25681%
4月17日 23時 8.19Mbps 89.35Mbps 81.16Mbps 1091%
4月18日 21時 0.37Mbps 66.76Mbps 66.39Mbps 18247%
4月18日 23時 2.87Mbps 51.06Mbps 48.19Mbps 1779%
4月19日 21時 0.92Mbps 135.59Mbps 134.67Mbps 14818%
4月19日 23時 2.14Mbps 61.92Mbps 59.78Mbps 2893%
4月24日 22時 43.09Mbps 61.88Mbps 18.79Mbps 144%

速度測定結果

上記テーブルの画像ソースです。

1回目~3回目

gaming-plus-speed-test-1-640x555

4回目~6回目

gaming-plus-speed-test-2-640x555

7回目~9回目

gaming-plus-speed-test-3-640x555

10回目~12回目

gaming-plus-speed-test-4-640x555

13回目~15回目

gaming-plus-speed-test-5-640x555

16回目~18回目

gaming-plus-speed-test-6-640x555

19回目~21回目

gaming-plus-speed-test-7-640x555

まとめ

「快適なインターネットが楽しめる」と謳っているとおり、安定した転送速度のプロバイダです。
前述の測定結果にも掲載したように、夜間帯でも安定した通信が行えている点が大きな特長です。

またお試し制度を利用すれば、自身が所持している機器でどれだけの速度が出るのかを試用可能。
万が一想定した速度がでない場合には、利用開始月の25日までであればキャンセルにも対応します。

ただしBIGLOBEのIPv6オプション(v6プラス)と比較して、料金ほどの差は生まれない模様。
それはv6プラスが「プロバイダに左右されない通信方式」ですから、至極当たり前のことです。

つまり余程の理由がなければ「Gaming+と契約する」という選択肢は生まれにくく、
v6プラスを提供している他社プロバイダと契約したとしても、同じ満足感が得られることでしょう。

そのほかDS-Liteを提供しているインターリンクと同様に、PPPoE接続用のIDとパスワードは未提供。
もしv6プラスに起因するトラブルに巻き込まれたとしても、PPPoE接続での経路変更が行えません。

  • e-Sportsゲーマー向けとして偽りのない、優れた転送速度
  • v6プラスを利用しているため、対応機器が多い
  • サポートにコストをかけているのか、比較的電話が繋がりやすい
  • PPPoE接続用のIDとパスワードが提供されない
  • お試し制度はあるが、電話での解約は受け付けていない
  • 利用者を極めて選ぶ、月額2,980円(税抜)という料金


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ