【A12】iPhone Xs / Xs MaxとiPhone Xの違い【A11】

投稿日:2018年9月17日 更新日:

iphone-xs-tigai-640x360

2018年9月21日に発売が予定されている、2018年モデルとなるiPhone XsとiPhone Xs Max。
今回の記事ではこの新iPhoneと、2017年11月3日に発売されたiPhone Xの違いを解説します。

2018年版iPhoneの違い iPhone Xsの価格まとめ

 

仕様の違い

iPhone Xsシリーズ 公式ページ

項目 iPhone Xs iPhone Xs Max iPhone X
画面サイズ 5.8インチ 6.5インチ 5.8インチ
パネル 有機EL(Super Retina HDディスプレイ)
解像度 1,125×2,436 2,688×1,242 1,125×2,436
カメラ(広角と望遠) 1200万画素
TrueDepthカメラ 700万画素
生体認証 Face ID
チップ A12 Bionic A11 Bionic
ワイヤレス充電 Qi対応
容量 64 / 256 / 512GB 64 / 256GB
コントラスト比 1,000,000:1(標準)
色域 True Toneディスプレイ / 広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch 対応
輝度 最大輝度625cd/m2(標準)
サイズ 70.9×143.6×7.7mm 77.4×157.5×7.7mm 70.9×143.6×7.7mm
重量 177g 208g 174g
防水性能 IP68 IP67
LTE ギガビット級LTE 4G LTE-Advanced
エクスプレスカード 予備電力機能付き 対応
駆動時間 iPhone X+最大30分 iPhone X+最大90分 iPhone 7+最大120分
連続通話時間 最大20時間 最大25時間 最大21時間
インターネット利用 最大12時間 最大13時間 最大12時間
ビデオ再生 最大14時間 最大15時間 最大13時間
オーディオ再生 最大60時間 最大65時間 最大60時間
SIM デュアルSIM(nano-SIMとeSIM) nano-SIM

iPhone Xsの改善点

iphone-xs-image

  • CPUが最大15%、GPUが最大50%高速化する「A12 Bionic」を搭載した
  • 64GBと256GBだった容量のラインナップに、新しく「512GB」が加わった
  • シルバーとスペースグレイだった容量のラインナップに、新しく「ゴールド」が加わった
  • 最大水深2メートルで最大30分間に耐える「IP68」に対応した
  • LTEの最大速度が「ギガビット級LTE」表記に代わり、通信速度が向上した
  • エクスプレスカードが「予備電力機能付き」となり、本体の電源が切れても決済できる
  • iPhone Xに比べ、駆動時間が「最大30~90分」延長された
  • nano-SIMとeSIMが利用できる「デュアルSIM」に対応した
  • ポートレートモードで「進化したボケ効果と深度コントロール」が使える
  • 写真の自動HDRが「写真のスマートHDR」へと機能が向上した
  • ビデオ撮影時に「拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)」や「ステレオ録音」に対応した
  • フロントカメラが「ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)」と「映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)」に対応した
  • オーディオ再生機能が「オーディオ再生」から「よりワイドに広がるステレオ再生」に向上した

まとめ

  • iPhone XsとiPhone Xのサイズや形状は、同一である
  • iPhone Xsはマイナーチェンジとはいえ、改善点が多い
  • iPhone Xsは容量だけでなく、カラーも増えている
  • iPhone Xsには「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」が同梱されていない
  • iPhone XsはiPhone Xに比べ、連続通話時間(ワイヤレス)が最大1時間短い
  • iPhone XsはiPhone Xに比べ、3g重い
 

よく読まれている記事

-スマホ

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.