【The Forest】赤い男の正体とは?

2018年05月24日 [Forest]

the-forest-red-man-640x360

ゲームのオープニングで主人公の息子を攫い、飛行機から消えていく謎の赤い男。
今回の記事ではこの赤い男の正体について、2つの可能性について掘り下げてみます。

クラフト一覧 最速でマップを入手する方法 ネタバレ考察まとめ

赤い男とは?

The Forestの開始直後に、主人公の「エリック」が遭遇する謎の人物です。
この人物は負傷して動けないエリック前で、息子の「ティミー」を担ぎ上げて飛行機を離れます。

the-forest-red-man-front-640x360

エリックが目を覚ましたときには赤い男もティミーもおらず、CAの死体だけが残っていました。

the-forest-ca-640x360

このオープニングでは下記の通りいくつかの謎がありますが、詳細は【考察まとめ】を確認して下さい。

  • 赤い男の襲撃時に、なぜ乗客は誰もいなかったのか?
  • エリックとティミーは、なぜ飛行機に取り残されていたのか?
  • 赤い男はティミーを攫った際、なぜエリックを生かしておいたのか?
  • CAは誰に殺害されたのか?

マシューについて

マシューとは、状況証拠から赤い男だと確実視されている「Sahara Therapeutics」の研究員です。
この研究所では、子供の延命治療計画である「Jarius Project」が行なわれていました。

ある日マシューは、死亡した自身の娘「メーガン」を蘇生する方法を探す中で、
アーティファクトに「生きた子供」を入れ込み、メーガンを蘇生できることを発見しました。

――つまりその「生贄」に選ばれたのが、エリックの息子であるティミーだったのです。

マシューはもうひとつのアーティファクトで、島の付近を通過する飛行機を墜落させ、
自身に赤いペイントを施したのち、ティミーを攫うために飛行機内部に到着します。

これが「The Forest」のオープニングの場面です。

マシュー説

・メーガンの父親はマシューである
・メーガンを蘇生したのはマシューだろう
・赤い男が倒れていた付近には「Daddy’s Dead」というメッセージがあった

the-forest-daddy-640x360

以上のことから「赤い男=マシュー」だと囁かれていますが、果たしてそうでしょうか?
問題は研究所へ到達するには必ず泳ぐ必要があり、泳ぐと「ペンキが落ちる」という点にあります。

これは島内に存在するペンキや、倒れたマシュー付近のペンキを利用しても同じ特性だと確認済み。
マシューが「水に溶けないペンキ」を隠し持っていなければ、ペンキは泳ぐと必ず落ちるのです。

つまりティミーを攫ったのがマシューだとすれば、マシューはメーガンを蘇生する前に、
なんとわざわざペンキを塗り直し、ティミーをアーティファクトに入れたということになります。

しかもティミーには、赤いペンキが全く付着していませんでした。

マシューは溶けつつあるペンキを、ティミーの衣服に一切付けないように泳いで研究所に運び、
塗り直したペンキが完全に乾くまで、メーガンの蘇生を試すことなく待機していたと言うことです。

the-forest-timmy-640x360

――普通の父親であれば、死亡した娘の蘇生を何よりも優先するはず。
死後時間が経ってしまっては、アーティファクトの力を利用しても間に合わない可能性すらあります。

他人の子供を犠牲にしてまで娘を救おうとする人物は、やはりどこかズレてしまっているのでしょう。

ちなみにもうひとつ気になるのは「ティミーの呼吸をどうしたのか?」という点です。
主人公やマシューはリブリーザーを使って、水中を泳ぐことは容易だと言えます。

しかし意識をなくしているティミーにとっては、そう簡単ではありません。
考えられる可能性は下記のとおりですが、この中に該当するものがあるのでしょうか?

  • マシューはとても器用で、ティミーへのリブリーザー装着に手間取ることがなかった
  • マシューはとても面倒くさがりで、リブリーザーを装着させずに人工呼吸でなんとかした
  • 研究所到達までにティミーは目を覚ましており、自分でリブリーザーを装着することができた
  • 研究所には泳がなくとも到達できる、秘密の抜け道があった

別の研究員説

前述の通り「赤い男=マシュー説」は、不可解な点が多いことが解説できたと思います。
それでは「赤い男=別の研究員説」について、まとめていきましょう。
(ここからは「別の研究員」という単語がたびたび出てくるため、暫定的にベッツと呼称します

この説であれば「赤い男は誰かに協力して赤いペンキを塗ってもらうこと」ができます。
オープニングの場面を明度最大で確認しても、背中に人間の肌らしい反射は見えません。

赤い男は背中まで完全にペンキが付いていました。
これは1人ではなかなか難しいものです。

the-forest-red-man-back-640x360

しかもこの説なら、研究所に到着したティミーを急いでアーティファクトに入れることができます。
なぜなら赤い男(ベッツ)は、マシューに拉致してきたティミーを引き渡すだけで良いからです。

マシュー説であれば、研究所到着時にペンキが溶けているのでティミーに触れることができません。
ティミーを綺麗な状態で収めるには、ティミーを拭き、ペンキを塗り直して、乾いた後なら可能です。

しかしここでひとつの疑念が生まれます。
アーティファクト付近で倒れた赤い男の中身は「マシューとベッツどちらか」ということです。

マシューであれば、あらかじめ赤い男に扮しておけば説明がつきます。
理由は想定できませんが「待機中に拉致の罪を被るつもりになった」というのはどうでしょうか。

逆にベッツであれば「なぜペンキを塗り直したか」という疑問が湧いてしまいます。

加えて「メーガンがクレヨンで赤い男を殺害した動機」も明らかにされていません。
目覚めた直後に不気味な男が近づいてきたのであれば、刺し殺してしまったも不思議ではないでしょう。

「成人男性をクレヨンで刺し殺す力はどこから?」と問われたら、
「アーティファクトの力でリミッターが一時的に外れた」ということにしておけば、回避できそうです。

そのほか想定できる理由があるとすれば「メーガンは墜落事故の真相を知っており、
自身を蘇生するためティミーを犠牲にした、マシューを断罪した」ということも考えられます。

とはいえこの理由であれば「最終局面で暢気に飛行機で遊んでいること」の説明がつきません。

そのため「赤い男(マシュー)を刺し殺したのはベッツ」という説も考えてみましたが、
「メーガンが目覚めるまで」という時間制限もあるうえ、自殺するには椅子の高度が足りません。

首を吊っている研究員の身長:156px@540p
立てた椅子から研究員の足までの高さ:38px@540p(身長の24.36%)
研究員の足下で倒れた椅子の高さ:48px@540p

研究員の身長が190cmの場合:ジャンプ力46.28cm
研究員の身長が185cmの場合:ジャンプ力45.07cm
研究員の身長が180cmの場合:ジャンプ力43.85cm
研究員の身長が175cmの場合:ジャンプ力42.63cm

果たしてローラーの付いた不安定な椅子の上から、ロープまでジャンプできるでしょうか?

the-forest-suicide-1-640x360

赤い男(マシュー)を刺し殺した研究員と、首を吊っている研究員が別という可能性もあります。
しかし事前にペンキを塗っておかねばならず、塗っても研究所を出る際に水で溶けるため詰みます。

――The Forestは考えれば考えるほど、謎ばかりが生まれるゲームだと言えるでしょう。

推論
  • ベッツはマシューに脅迫され、赤い男の姿でティミーの拉致に向かった
  • マシューは研究所の外でベッツにペンキを塗り、ひとりで研究所に帰った
  • ベッツはマシューがメーガンを蘇生している間に、赤いペンキを塗り直した
  • 赤い男(ベッツ)は、メーガンが目を覚ます間にマシューを殺害した
  • 赤い男(ベッツ)は、マシューの死体を自殺に見せかけるため研究所の一室に吊した
  • メーガンは蘇生から目覚め、マシューを殺害した赤い男(ベッツ)にクレヨンを刺した
考え得る選択肢

○状況から可能性のある人物
×状況から可能性として考えにくい人物
☆私が最も可能性が高いと考える人物

吊られた男は他殺のため、研究所の赤い男本人だったり、赤い男を殺害した犯人ではありません。

各場面の人物マシューベッツメーガン吊られた男
ティミーを誘拐した人×体格が違う
メーガンを蘇生した人×自分
吊られた男を殺した人☆マシューを殺した×持ち上げられない×自殺ではない
研究所内の赤い男×体格が違う×他殺
赤い男を刺した人×他殺
  • ペンキを背中まで塗るには、協力者の存在が必要
  • 赤い男の風貌のまま、研究所へ戻る方法は無い(水で溶ける)
  • 研究所で首を吊っていた死体は、他殺によるもの(椅子からの高度が高すぎる)
  • ティミーを触ったのは生身の人間か、ペンキが乾いた後の赤い男
  • メーガンはクレヨンで成人男性を刺し殺せるほどの力を持つ
  • 研究所内で塗ったペンキは、研究所から出るときに溶ける

共通の謎

研究所入り口に落ちていた絵は「誰が・いつ落したもの」なのでしょうか?

the-forest-picture-1-640x360

もしティミーが描いたものだとすれば「いつ描いたのか」という疑問点が生まれます。
さらに描いた時期だけではなく「どうして濡れていないのか」という要素も重要です。

仮に「ティミーが描いた」「濡れていない」という2つに着目すると、

・ティミーは研究所へ連れて行かれた後、落書きをする時間的な余裕があった
・ティミーはカードキーと落書きを持って研究所を出たのち、落書きを落とした
・マシューはティミーが研究所で描いた落書きを、わざわざ研究所入り口に落とした

逆に「ティミーが描いた」「濡れていないように見える」という2つに着目すると、

・ティミーは連れ去れている途中で目を覚まし、現在の状況を素早く絵にして残した
・ティミーが持っていた用紙とペンは耐水仕様で、水中でも問題なく描けた
・ティミーが持っていた用紙とペンは耐水仕様で、エリックが絵を取るまでに乾いた

最後に「メーガンが描いた」「濡れていない」という2つに着目すると、

・メーガンとティミーの絵心は同程度だった
・メーガンはカードキーと落書きを持って研究所を出られるほど、体調が良かった
・(メーガンは車椅子なので)マシューが何らかの事情で、研究所前に落書きを落とした

などが想定されますが、どの説もなかなか無理があります。

さらにこの絵について考えてみると、
「拉致されたティミーが、カードキーでアンロックした瞬間に描き上げて落とした」のでしょうか。

潜水中の絵であれば「これまでの体験を描いた絵を偶然持っていて、落とした」可能性がありますが、
下の絵のような状況に一般的な生活で遭遇するとは考えにくく、謎が謎を呼ぶ展開だと言えます。

the-forest-picture-2-640x360

その他

秘密の通路説

コメント頂いた「主人公が見つけられなかった研究所の入り口がある。もしくはあった」という説です。

この説を強める要素は「メーガンが車椅子」「研究所内には大型の設備が多数ある」などが考えられ、
「ペンキが水で溶ける」という問題を回避できるため「赤い男=マシュー説」が説明しやすいです。

考え直してみると、電磁パルスのコントロールパネル前のガラスから屋外が見通せましたし、
コントロールパネルへ向かう道にも、ガラス張りの通路がありました。

そのため山のどこかに「様々な物資を研究所へ運ぶ搬入口があった」という可能性は否定できません。
ゲーム中の季節は秋~冬なので、春~夏であれば雪による搬入への影響も少ないと考えられます。

――そもそも研究所にいた研究員全員が、わざわざ泳いで研究所を出入りするには無理があります。

「出入りする頻度が格段に少なかった」「研究所に閉じ込められていた」ということでなければ、
「研究所のどこかに秘密の入り口が存在した」と解釈したほうが、自然な流れだと言えるでしょう。

ただしこの説には重大な問題点があります。
それは「研究所までに落ちていた落書き」の説明を、どうするかという点です。

少なくとも潜水をする機会は、病弱なメーガンにとって存在しないはずですから、
潜水中の絵を描いた人物=ティミーだということは、ほぼ疑いようがありません。

ヘリコプター使用説

コメント頂いた「マシューはティミーの拉致にヘリコプターを使った」という説です。

この説を強める要素は「墜落事故後、犠牲に使う子供が移動する前に迅速に確保できる」や、
「原住民に襲われるリスクを限りなく下げられる」などの理由が考えられます。

しかし「ヘリコプターの存在を、墜落事故の生存者に察知される可能性」があり、
十分な戦闘能力を持った生存者に襲撃された場合、ヘリごと奪われることも考えられます。

さらに「墜落事故の周囲に着陸可能な場所があると、どうして予見できたのか」という疑問もあり、
ヘリコプターを起動させる前に、墜落事故現場とその周囲を確認した方法も知りたいところです。

とはいえ、拉致した少年を抱えて長距離移動するのは現実的ではないため、
「拉致にヘリコプターを使用した」「研究所は別ルートから入れる」という説は最も有力です。

推論
  • マシューはベッツにペンキを塗ってもらい、赤い男の姿でティミーの拉致に向かった
  • ティミーを拉致したマシューは、ゲーム中には出てこない秘密の通路で研究所へ戻った
  • 研究所に戻ったマシューは、ティミーを犠牲にしてメーガンの蘇生を始めた
  • メーガンが蘇生するまでの間に、マシューはベッツを殺害し自殺に見せかけるよう吊した
  • メーガンは蘇生から目覚め、何らかの理由で赤い男(マシュー)にクレヨンを刺した


 

6 Responses to “【The Forest】赤い男の正体とは?”

  1. 匿名 より:

    ビデオテープの映像からメーガンは車イスを使っていて、その彼女を施設内に入れる際に本編で出てきた道を使ったとは考え難いです。それに施設内の食料や机などその他の物資の搬入口もあるはずなので施設への出入り口は1つではないと考えられます。とするならば、マシューにも赤い男の風貌のまま施設を出入りできたのではないでしょうか。
    作品内で施設の全容が明言されていないのであくまで個人的な推論ですが考察の参考となれば幸いです。

    • Volx より:

      コメントありがとうございます。
      「その他」の項目を新規に作成し、内容を追加しておきました。

  2. KMR(OH)3 より:

    多分、ヘリコプターを使って入る方法があったんだと思います。
    雪山の裏側にヘリポートがあって、そこの近くにドアがあり、そのままサハラ研究所に入る事が出来たら、大きな荷物や赤男のペンキが剝がれずに中に入れる事に説明が付くので

    • Volx より:

      ペンキを考慮すると、確かに別ルートが存在しているほうが説明しやすいと私も感じます。
      しかしヘリコプター説だと、下記の疑問が回収できないのです。

      ・研究所の入り口に落ちていた落書きは、ティミーがいつ落としたのか。

      ※コメントを記事に反映しました。

  3. a より:

    水でペンキが消えるのは、ゲーム上簡単に消す方法がないとってだけだろアホらしい
    それにわざわざ刷毛で塗らんでも頭からペンキぶっかけりゃ一人でも背中までペンキ塗れるわ

    • Volx より:

      塗り残しなくできるかは微妙ですが「ぶっかけ説」は考えたことがありませんでした。
      ありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ