【DbD】ティーチャブルパークとは?【能力共有】

投稿日:

dbd-teachable-perk

ブラッドウェブを進めることにより獲得可能な、他キャラクターの強化に役立つティーチャブルパーク。
今回の記事ではこの「ティーチャブルパーク」の内容に加えて、メリットやデメリットを解説します。

 

ティーチャブルパークとは?

各キャラクターに3個ずつ用意された、成長に応じて共有可能な「固有パーク」のことです。

ゲームのプレイで貯まる「ブラッド・ポイント」を使用し、様々な要素を解放できるブラッドウェブ。
この「ブラッドウェブ」の進行度に応じてキャラクターのレベルが上がり、一定に達すると共有できます。

dbd-teachable-perk-01

対応するレベルは「30」「35」「40」の3種類で、各レベル以降のブラッドウェブで選択することが可能。
しかしアンロックしても、別のキャラクターのブラッドウェブに出現するようになるだけです。

dbd-teachable-perk-02

そのため別のキャラクターでブラッドウェブを進め、その都度アンロックする必要があります。

dbd-teachable-perk-03

ティーチャブルパークの利点

ティーチャブルパークの利点は、プレイスタイルに合わせたキャラクターを作成できることにあります。
様々なキャラクターをレベルアップさせることで、組み合わせ可能なティーチャブルパークが増加します。

例えばチェイスが得意なキャラクターに、より生存時間が延びるティーチャブルパークを組み合わせたり、
救援が得意なキャラクターに回復速度が上昇するティーチャブルパークを組み合わせたりもできます。

もしくはそれぞれのキャラクターを補足するようなパーク構成を考え、バランスを取るのも良いでしょう。
ちなみにこのティーチャブルパークは、シュライン・オブ・シークレットでもアンロック可能です。

シュライン・オブ・シークレットとは?

dbd-shrine-of-secret-03

ティーチャブルパークの欠点

ティーチャブルパークはキャラクターを強化できる重要な要素ではありますが、デメリットも存在します。
それはアンロックしたティーチャブルパークが「全てのブラッドウェブで出現すること」にあります。

つまり使用する予定のないティーチャブルパークが、使用したいパークの出現枠を埋めてしまう結果に。
そのためレベルアップに必要なブラッド・ポイントを、無駄に使用しなけければならない状況を招きます。

ブラッドウェブに希望するパークを出現させたい場合には、ティーチャブルパークを絞るのが肝要です。

まとめ

  • ティーチャブルパークは、各キャラクターに3個ずつ用意されている
  • ティーチャブルパークは、キャラクターの強化に有用である
  • ティーチャブルパークは、シュライン・オブ・シークレットでもアンロックできる
  • ティーチャブルパークのアンロックには、キャラクターのレベルアップが必要である
  • ティーチャブルパークを他のキャラクターで使うには、ブラッドウェブで選択する必要がある
  • 不必要なティーチャブルパークをアンロックすると、キャラクターの成長に支障が生じる
 

よく読まれている記事

-DbD

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.