【Division 2】「ターディグレイド」アーマーシステムの入手方法とタレント

投稿日:2020年4月10日 更新日:

division-2-tardigrade-armor-system-talent

タイトルアップデート8の配信により追加された、エキゾチックの「ターディグレイド」アーマーシステム。
今回の記事ではこの「ターディグレイドアーマーシステム」の入手方法や、タレントについて解説します。


 

「ターディグレイド」アーマーシステムとは?

Division 2のシーズン1「シャドウタイド」で実装された、エキゾチックの「ボディアーマー」です。
コア特性が最大値の「アーマー」と、アンブレイカブルのような効果を持つタレントを備えています。

division-2-tardigrade-armor-system-design

「ターディグレイド」アーマーシステムの入手方法

「ターディグレイド」アーマーシステムの入手場所は「トゥルーサンズのミッション」です。
ドロップテーブルは「各ミッションのボス」が所持しており、入手確率はミッションの難易度に比例します。

入手条件

※トゥルーサンズのミッションであること

ノーマル:1%
ハード:3%
チャレンジ:5%
ヒロイック:7%

自身のオススメはイーストモールにある「アメリカ歴史博物館」もしくは「航空宇宙博物館」です。
これらは比較的入手確率が高い難易度の「チャレンジ」でも、約7分程度で周回できるため効率的です。

division-2-tardigrade-armor-system-location

ちなみに自身が入手したのは後者の「航空宇宙博物館」で、ボスは「ケリー中尉」です。
またコメントにて「アメリカ歴史博物館」チャレンジでのドロップ報告もありました。

division-2-tardigrade-armor-system-drop

自身は入手するために両方のマップを合計50周以上くらいはしたので、大変疲れました。
入手確率が「5%(チャレンジの場合)」で設定されていたとは、とても信じられません……

division-2-tardigrade-armor-system-drop-2

タイトルアップデート11以降

一応補足として、タイトルアップデート11以降に通常ドロップであることを確認しています。

division-2-tardigrade-armor-system-drop-1

「ターディグレイド」アーマーシステムの性能

アイテムの解説

反応性アーマーのコンセプトの発展形、アブラティブナノプレートは当初、繰り返し大気の内外へ出入りする航空機の自動回復ヒートシールド用のプロトタイプ技術として設計された

division-2-tardigrade-armor-system-talent-spec-1

表記しているデータは一例です。

「ターディグレイド」アーマーシステム内容
装備種別ボディアーマー
レベル40
アーマー158K
コア特性アーマー
特性①爆発物耐性
特性②アーマー回復
MODスロット空き×1

「ターディグレイド」アーマーシステムのMODスロット

「ターディグレイド」アーマーシステムのMODスロットは、かつて「ディフェンス」でした。
しかしタイトルアップデート11以降は、自由枠の「装備MODスロット」となっています。

division-2-tardigrade-armor-system-mod-slot-1

「ターディグレイド」アーマーシステムのタレント

専用タレントは「アブラティブナノプレート」です。

division-2-tardigrade-armor-system-spec-1

アブラティブナノプレート

自分か味方のアーマーが壊れると、その度にプレイヤーのアーマーの80%をボーナスアーマーとして10秒間得る

味方ごとのクールダウン:45秒

特殊武器で敵を倒すと、味方全員のクールダウンが取り除かれる

おすすめビルド紹介

表に収まりきらない「公開したビルドの全て」は、別記事で詳しく解説しています。

攻撃ビルド防御ビルドスキルビルド各種情報まとめ
鉄板火力ビルド装甲追加ビルド状態異常ビルド武器タレント
半盾狙撃ビルド全盾拘束ビルドヒーラービルド装備タレント
複数攻撃ビルド鋳造工場ビルドヴァイルビルド部位ボーナス
 

よく読まれている記事

-The Division 2, ゲーム

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2020 All Rights Reserved.