DUALSHOCK 4とPCを無線で接続する方法

2018年01月21日 [ゲーム]

PlayStation 4に標準で採用されている、ゲームコントローラーのDUALSHOCK 4。
今回の記事ではこのコントローラーをBluetooth接続し、無線で使う方法を解説します。

必要なもの

Bluetoothとはキーボードやマウスなどにも使われる、無線通信規格のひとつ。
DUALSHOCK 4とパソコンを無線で接続するためには、まずBluetoothに対応している必要があります。

昨今のパソコンであれば基本的にBluetoothに対応しているものの、
古いパソコンや自作パソコン、PCショップで購入したBTOパソコンは非対応の可能性があります。

そのため非対応の場合はこちらの純正アダプタを用意し、Bluetoothに対応させましょう。
もちろん純正アダプタである必要はなく、一般的なBluetoothドングルでも問題ありません。

Bluetoothでの接続方法

タスクトレイにある「Bluetoothアイコン」を選択します。

すると「Bluetoothとその他のデバイス」ウィンドウが表示されます。

もしタスクトレイにアイコンがない場合には「スタート」を左クリックして「歯車アイコン」や、

「スタート」を右クリックして「設定」を選択し、

表示される「Windowsの設定」から「デバイス」に進んでも、同じ画面が表示されます。

DUALSHOCK 4を認識させるため「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」を選択します。

デバイスの追加画面で「Bluetooth」を選択します。

ここでDUALSHOCK 4の「PSボタン」と「SHAREボタン」を約5秒ほど長押しします。

DUALSHOCK 4のタッチパッド上部と背面のLEDが点滅するペアリングモードに変わったら、
デバイスの追加画面に表示される「Wireless Controller」を選択します。

画面上に「デバイスの準備が整いました!」や「接続済み」が表示されたら、無事接続完了です。

最後にひとつ前の画面で、Wireless Controllerが「ペアリング済み」となっていることを確認します。

Windows 7での接続方法

タスクトレイにある「Bluetoothアイコン」を選択します。

Bluetoothデバイスに関する画面が表示されたら「デバイスの追加」を選択します。

もしタスクトレイにBluetoothアイコンがない場合は、デスクトップ上の「スタート」を左クリックし、
右側のメニューにある「コントロールパネル」を選択します。

ハードウェアとサウンドにある「デバイスの追加」を選択します。

デバイスの追加画面が表示されたら、Bluetooth機器側での操作が必要です。

先ほどと同様に、DUALSHOCK 4の「PSボタン」と「SHAREボタン」を約5秒ほど長押しします。

そして表示される「Wireless Controller」を選択し、次へ進みます。

接続の方法には「ペアリングにコードを使用しない」を選択します。

デバイスが正常に追加されたら、DUALSHOCK 4の接続は完了です。

ただし自身の環境下では接続がたびたび切断されることがありました。
そのためWindows 7環境でのDUALSHOCK 4無線接続は、おすすめできない可能性があります。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ