Steamでコントローラーを設定する方法

2018年01月26日 [ゲーム]

家庭用ゲーム機からの移植タイトルを、よりプレイしやすくできるゲームコントローラー。
今回の記事ではSteamにコントーラーを認識させ、ボタンの変更を行なう方法を解説します。

準備すること

ボタンの変更を行なう前に必要なことは、コントローラー本体の購入とSteamへの認識です。
SteamではDUALSHOCK 4、Xbox コントローラー、Steamコントローラーの3種類が使えます。

今回の記事では自身が導入した、PlayStation 4採用のDUALSHOCK 4を用いて解説していきます。
ちなみにSteamへのコントローラー認識方法は、別ページを参考にして下さい。

DUALSHOCK 4をSteamで使用する方法

Xbox コントローラーの場合は「PS4 設定サポート」ではなく「Xbox 設定サポート」を有効化します。

ボタンの変更方法

コントローラーは各ボタンの機能変更だけでなく、キーの割り当ても自由に行えます。
ここでは例として、DUALSHOCK 4の「×ボタン」と「○ボタン」の変更してみます。

ボタンの変更を行なうには、Steamを「Big Pictureモード」で起動します。

SteamのBig Pictureモードとは?

そしてボタンを変更したいタイトルを選択し「ゲームを管理」に進みます。

Steamコントローラの項目にある「コントローラ設定」を選択します。

DUALSHOCK 4の右側にある「4つのボタン」を選択します。

入力スタイルが「ボタンパッド」であることを確認します。

まずは「×ボタン」に当たる位置を選択します。

右側のXboxコントローラーの図の中から「Bボタン」を選択します。

つづいて「○ボタン」に当たる位置を選択します。

右側のXboxコントローラーの図の中から「Aボタン」を選択します。

当初から下記のように変更されていれば、ボタンの変更は完了です。

×ボタン:Aボタン ⇒ Bボタン
○ボタン:Bボタン ⇒ Aボタン

ボタンの初期化方法

ボタンの変更画面で「□ボタン」を選択し「設定の閲覧」を開きます。

コントローラ設定のインポートが開いたら、左のメニューから「推奨」を選択します。

そして「Gamepad With Camera Controls」を選択します。

もう一度「□ボタン」を選択し「設定を適用」させれば初期化完了です。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ