【NEC】IPv6 IPoE(v6プラス/DS-Lite)対応ルータまとめ

2018年06月13日 [日記]

ipv6-ipoe-nec-router-640x360

2018年6月からやっとNECより発売されることとなった、IPv6 IPoE対応のAtermシリーズ。
今回の記事では今後「IPv6 High Speed」にも対応するという、3種類のルータを解説します。

v6プラス対応ルーターまとめ DS-Lite対応ルーターまとめ

IPv6 IPoEとは?

現在普及が進みつつある、高速転送に対応したインターネットプロトコルのひとつ。
一般的なIPv4 PPPoEとは違い回線網終端装置を経由しないため、夜間でも速度が安定します。

Gaming+速度検証 BIGLOBE速度検証 ZOOT NATIVE速度検証

その速度上昇効果は、このサイトでも3つのプロバイダで検証済み。
一部適さない環境もあるとはいえ、v6プラスもしくはDS-Liteを導入しないのは損だと言えます。

これまで限られた条件でしか、NECのIPv6 IPoE対応ルータを利用することができませんでした。
しかし今回Atermシリーズから発売となったことで、IPv6 IPoE対応製品の選択肢が増えたのです。

IPv6 High Speedとは?

通常のIPv6通信と比べて大幅にスピードアップするという、NEC独自技術のブースト機能のこと。
この機能により、コンテンツの読み込みや大容量データのダウンロードが快適に行えるそうです。

ちなみにこの「IPv6 High Speed」には、2018年10月のバージョンアップで対応する予定です。

ipv6-ipoe-nec-router-01

モデル一覧

WG2600HP3

Aterm WG2600HP3 公式ページ

WG1900HP2

Aterm WG1900HP2 公式ページ

WG1200HP3

Aterm WG1200HP3 公式ページ

機能比較表

2018年6月以降に発売が予定されている、IPv6 IPoEに対応した3種類の「Atermシリーズ」です。
比較表は主要な機能のみに絞っているため、詳細は公式ページを確認して下さい。

NEC製品比較表

項目 WG2600HP3 WG1900HP2 WG1200HP3
アンテナ数 4×4 3×4 2×2
伝送速度(5GHz) 1733Mbps 1300Mbps 867Mbps
伝送速度(2GHz) 800Mbps 600Mbps 300Mbps
実効値(UDP) 約1430Mbps 約842Mbps 約612Mbps
WAN(1000Mbps) 1ポート
LAN(1000Mbps) 4ポート 3ポート
USBポート ×
MU-MIMO ×
ビームフォーミング
バンドステアリング
オートチャネルセレクト
TVモード
中継機能

機能解説

MU-MIMO

通信速度を落とすことなく、複数の端末と同時通信が可能な機能です。
ただし受信する端末側も、MUーMIMOに対応している必要があります。

ビームフォーミング

ビームフォーミング対応端末に向けて、集中的に電波を送信する機能です。
この機能によってさらに通信が繋がりやすくなるうえ、実行速度も向上します。

バンドステアリング

混雑していない周波数帯を自動選択し、接続端末ごとに自動で振り分ける機能です。
電波に影響しやすい家電製品が存在したり、接続端末の数が多い場合に役立ちます。

オートチャネルセレクト

周囲の利用状況をサーチし、電波状況の良いチャネルへ自動で切り替える機能です。
電波がクリアなチャネルを選択するため、無線LANの高速性をより有効に活かせます。

TVモード

無線接続しているパソコンやテレビで、安定した映像を視聴可能にする機能です。
同じ周波数帯で他の通信を行っていても、ストリーミング映像が途切れにくくなります。

中継機能

親機だけではなく、電波範囲を広げる中継機として利用可能な機能です。
中継機能の中には子機モードや、デュアルバンド/TVモード中継機能などがあります。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ