【Division 2】クリティカル率とクリティカルダメージの優先度【DPS】

投稿日:

division-2-critical-chance-dps

装備の再調整で最も優先すべき「武器ダメージ上昇」と、同じ攻撃特性に属する「クリティカル率」
今回の記事ではこの「クリティカル率」と「クリティカルダメージ」のどちらを優先すべきか解説します。


 

攻撃特性の種類

図示したアイコンで示される「攻撃特性」には、武器ダメージ上昇・クリティカル率・クリティカルダメージなどがあります。
対エリートダメージやヘッドショットダメージ上昇を除いたこれらの特性は、条件を選ばないことが利点です。

この武器ダメージ上昇・クリティカル率・クリティカルダメージの中で、最も優先すべきは「武器ダメージ上昇」です。
今回の記事では、残った「クリティカル率」と「クリティカルダメージ」のどちらがDPSに与える影響が大きいのか試算してみます。

division-2-raid-build-beginners-guide-vest-1

ちなみに装備ごとに出現する「特性の種類と最大値」は、別記事で詳しく解説しています。

division-2-maximum-on-gear-150x150
【Division 2】各防具に出現する特性の種類と最大値【部位別】

エージェントが選択可能な6つの防具に付与されており、ステータスを高めてくれる様々なボーナス特性値。
今回の記事ではこの「ボーナス特性値」の最大値をまとめ、より良いビルドへの道のりをサポートします。

続きを見る

増加率とDPSへの影響

計算値:イーグルベアラー、クリ率10%、クリダメ25%、ヘッドショットダメージ55%

増加率:クリティカル率、もしくはクリティカルダメージを上昇させる割合
双方:各行の増加率を、クリティカル率とクリティカルダメージへ平等に割り振った場合
(例:増加率10%の場合、クリティカル率を5%、クリティカルダメージを5%上昇させる)

division-2-critical-chance-graph

増加率クリティカル率クリティカルダメージ双方
10%250379246802249186
20%256340249186255148
30%262301251571262301
40%268263253955270647
50%274224256340280186

まとめ

上のサンプルを根拠にすると、武器ダメージ上昇の次に優先すべきは「クリティカル率」だということがわかります。
たとえクリティカルダメージを高めても、元々のクリティカル率が低くては効果が少ないと言えます。

しかし最も右で示した双方の増加率30%(クリティカル率15%+クリティカル率15%)からは、クリティカル率30%を超えるDPSが得られます。
そのため良質な特性が出現し、クリティカル率が上限の60%を超えそうな場合には、一部の装備特性をクリティカルダメージに変更することも選択肢となります。

とはいえ基本的には「クリティカルが発生条件となっているタレント」も多いですから、クリティカル率を上げておくのが無難でしょう。

攻撃特性のまとめ

  • 最も優先すべき攻撃特性は、DPSに大きな影響を与える「武器ダメージ上昇」である
  • ヘッドショットが得意なプレイヤーは、武器ダメージ上昇の次に「ヘッドショットダメージ上昇」を伸ばしても良い
  • ある程度の武器ダメージ上昇を備えた装備に限り、クリティカル率を上昇させる
  • クリティカルダメージは、基本的に上昇させるべき特性ではない
  • クリティカル率とクリティカルダメージを平等に上昇させると、30%を超えたあたりから有利になる

Division 2 攻略情報まとめ

 

よく読まれている記事

-The Division 2, ゲーム

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2019 All Rights Reserved.